沖縄 - 売国情報ちゃんねる

Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2016年09月21日

東京五輪「空手は沖縄で」=翁長知事、丸川担当相に要望

kiou01.jpg
1: 2016/09/20(火) 23:46:47.55 ID:CAP_USER9

 沖縄県の翁長雄志知事は20日、丸川珠代五輪担当相と内閣府で面会し、2020年東京五輪の実施競技として初めて採用される空手について、沖縄開催を求める要望書を手渡した。翁長知事は「沖縄が空手発祥の地であることを世界に発信する極めて重要な機会になり得る」と強調した。
 空手には、決まった動きの正確さを競う「形」と対戦型の「組手」の二つの種目があり、このうち「形」の県内開催を要望。事前合宿誘致への協力なども求めた。丸川氏は「(選定は)東京都と組織委員会が主導しているので、私たちの立場からも、話をさせていただきたい」と応じた。 (2016/09/20-16:46)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092000643&g=pol


2: 2016/09/20(火) 23:47:19.62 ID:dNdXqesm0

うっさい中国に帰れ


3: 2016/09/20(火) 23:47:37.29 ID:ZHI/dABK0

関係ないだろw


4: 2016/09/20(火) 23:47:42.95 ID:CYHwP1K30

東京オリンピックなのになぜ沖縄?

ってか独立したいんだろ?

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2016年09月20日

仲井真沖縄前知事「翁長よ、けじめつけろ」

1: 2016/09/18(日) 21:15:10.77 ID:wXy0ekBb0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプシュワブ沖(名護市辺野古)移設をめぐり、埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事が是正指示に従わなかった問題で、翁長知事の承認取り消し処分は違法として県が敗訴したことについて、
仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)前知事は17日、世界日報の電話取材に応じ、福岡高裁那覇支部の判決を評価した上で、「県民をミスリードした翁長知事の責任は重い」とし、「政治的なけじめをつける必要がある」と強調した。

仲井真氏は、「高裁判決は、その通りとしか言いようがない。精査して結論を導いたと感心している」とし、
「埋め立て承認は予断を許さずに、10カ月近くかけて丁寧かつ厳しく関係部局とやり取りしてきた。だから、結果には自信を持っていた」と語った。
その上で、「翁長氏が埋め立て承認取り消しは違法だとして県民の考えをミスリードしている責任は重く、問題だ。政治的なけじめをつけなくてはならない」と強調。
さらに「(裁判の中で)翁長氏が歴史観を持ち出したりするなど、あらゆる局面でなめていたように思える」などと語った。

http://vpoint.jp/okinawa/72683.html


2: 2016/09/18(日) 21:15:42.22 ID:74L3tGKk0

誰だよ翁長なんか当選させたやつは


7: 2016/09/18(日) 21:17:32.41 ID:yJIELfQp0

>>2
(沖縄県)に住むパヨク


3: 2016/09/18(日) 21:15:55.30 ID:wXy0ekBb0 BE:844481327-PLT(12345)

画像忘れてた
no title


4: 2016/09/18(日) 21:16:38.26 ID:UaC7zYqo0

早くカミングアウトしろ

続きを読む
posted by 中島 at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2016年09月19日

【辺野古移設訴訟】国側全面勝訴で浮かび上がった沖縄県側の論理破綻 翁長雄志知事は最大の窮地に

1: 2016/09/17(土) 07:41:29.92 ID:CAP_USER9

米軍普天間飛行場の移設を巡る訴訟で沖縄県側が敗訴し、記者会見する翁長雄志知事=16日午後、沖縄県庁
no title


 国が勝訴した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる訴訟は16日、提訴から2カ月弱で判決が下されたが、主張は出尽くし、県側の論理破綻が際立った。福岡高裁が県側の主張を一切受け入れなかったのはそのためだ。辺野古移設と不可分の基地負担軽減策でも翁長雄志知事の言動は矛盾をきたしており、就任以来最大の窮地に追い込まれた。

 審理では翁長氏の代理人弁護士が裁判長の訴訟指揮に頻繁に不満を示し、翁長氏は常に傍観していた。弁護士に白紙委任された主張は支離滅裂だった。

 「防衛や外交上の政策実現を目的として指示を行うことは権限を逸脱する」

 県は国土交通相が埋め立て承認取り消しの撤回を翁長氏に指示したことについて、国交相の所管外で認められないと訴えた。自治体の立場で辺野古移設の必要性を否定し承認を取り消しておきながら、内閣の統一方針に基づく正当な指示を否定する論理はまさに破綻している。

 判決はこの争点で、国交相には「是正の指示の発動が許される」とする一方、県には国全体の安全について「判断する権限も組織体制も責任を負いうる立場も有しない」と断言した。

 「自治体裁量権なる特殊な用語を用い(翁長氏の)裁量権が拡大するかの…」


http://www.sankei.com/politics/news/160916/plt1609160043-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/160916/plt1609160043-n2.html

 国がこう反論したように翁長氏はなりふり構わず、辺野古移設という国家公益を袖にして地域公益を前面に押し出した。しかし、その主張を認めれば、膨大な費用と労力のかかる移設事業で不可欠な法的安定性が揺らぐことは明らかだった。

 訴訟期間中、国は辺野古移設以外の基地負担軽減策を加速させたが、翁長氏の対応の支離滅裂さが浮き彫りとなっている。国は北部訓練場(東村など)の過半の返還に向け、訓練場内での移設が条件のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の工事を本格化させた。翁長氏は工事の進め方や警備のあり方を批判する一方、ヘリパッド移設自体には反対せず、革新勢力と溝を深めている。

 牧港補給地区(浦添市)の返還についても、同地区の倉庫群などを嘉手納弾薬庫地区(沖縄市など)に移設する計画で8月、国は沖縄市の桑江朝千夫市長から正式な受け入れ表明を引き出した。それに先立ち翁長氏は桑江氏から計画に対する認識をただされ、計画推進の立場を明言した。

 これらをめぐる翁長氏の姿勢は一貫しておらず、辺野古移設だけに反対を続ける矛盾は広がる一方だ。


3: 2016/09/17(土) 07:59:07.36 ID:E5k53vrL0

翁長知事の反対としか言わない感情論的論理は

日本全体には通用しない、という判決だな。


4: 2016/09/17(土) 07:59:50.01 ID:VOJdi4530

普天間固定が望ましい方向なのか よくわからんな


6: 2016/09/17(土) 08:05:25.54 ID:imcoxNBb0

翁長くん、ピンチの時はキン肉マンみたいにズラを外したら、まばゆい光で一気に全部解決するんじゃね(ハナホジ)

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

「自己決定権すらないのであれば独立を、との動きがあるのも事実」 沖縄選出の糸川・伊波両参院議員 沖縄独立論を否定せず

1: 2016/09/18(日) 01:12:57.13 ID:CAP_USER9

米軍ヘリパッド建設 沖縄選出の糸数慶子、伊波洋一議員「容認できない」

2016.09.14 23:00
https://thepage.jp/detail/20160914-00000009-wordleaf

 沖縄県の米軍北部訓練場におけるヘリパッド(ヘリコプター離着陸場)建設問題について、
沖縄県選出の糸数慶子・伊波洋一両参議院議員は14日、
東京の外国特派員協会で会見し、「地域住民の生活を脅かしていることからも決して容認できない」(糸数議員)、
「県民ぐるみの反対運動になっている」(伊波議員)などと述べ、建設反対を訴えた。


陸自ヘリの重機空輸「非常に不快」

 問題となっているヘリパッドは、沖縄県国頭郡東村と同郡国頭村にまたがる米軍北部訓練場で建設が進む。
7月22日には、建設に反対する人々が座り込み行動を実施していたテントが強制的に撤去された。糸数議員は、
「数百名の県外機動隊員を動員した住民排除の過程で、非暴力、無抵抗の市民が暴力的な扱いを受けた」などと批判。
現地では取材にあたっていた記者も拘束状態に置かれ、報道の自由も弾圧されたと述べた。

 今月13日には、陸上自衛隊のヘリコプターが工事用重機などの空輸を行った。糸数議員は「非常に不快であり、
県民の反発は非常に大きいものがある」と厳しく非難。「日本の面積の約0.6%にあたる沖縄の土地に、
在日米軍施設の74%を押しつけていること自体が国の沖縄への差別であり、法の下の平等に反している」と訴え、
海外メディアにも「ぜひ現状を見にきてほしい」と呼びかけた。

 ヘリパッドでのオスプレイ運用の計画には「もともと普通のヘリの離発着をする訓練場と言われてきたが、
私や他の議員が何度も日本政府に質問しても、オスプレイパッドという答えはなかった」と事前説明がなかったと強調した。

 一方、伊波議員は、ヘリパッド建設予定地は、多くの貴重な自然環境が残されていると説明。
「自衛隊機が資材を運び込んだ地区には、絶滅危惧種であるノグチゲラの巣が29箇所確認されている」と指摘し、
これは、日米政府で合意した環境原則に関する共同発表および日本環境管理基準(JEGS)において、
軍施設では生育する絶滅危惧種を保護するための措置を行う、と定めた規定に著しく反すると批判した。

 このまま基地問題がこじれた場合、沖縄が独立論に傾かないかとの質問に対し、糸数議員は、
「県民の中に、これ以上自分たちの思いが届かず、自己決定権すらないのであれば独立を、
との動きがあるのも事実」などと危機感を訴えた。


2: 2016/09/18(日) 01:13:45.12 ID:9WCXxJpV0

その沖縄の想いとやらに、離島の想いは入っているんですか?


4: 2016/09/18(日) 01:14:31.37 ID:k8BLEddC0

補助金3000億


6: 2016/09/18(日) 01:14:44.72 ID:jsA756Kr0

糞が国防に口出しするな

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄
Powered by BlogRing