憲法 - 売国情報ちゃんねる

Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2014年08月10日

【産経新聞】憲法9条があったから戦後日本の平和が守られたと主張する無邪気な人たちがいる。まるで「9条教」だ ← 9条は中国にとって都合がいいからそりゃ押してくるよね

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 10:40:43.18 ID:???0.net

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140809/plc14080908000008-n1.htm
「(日本政府は)日本国憲法の崇高な平和主義のもとで69年間戦争をしなかった事実を重く受け止める必要があります」

 広島忌の式典における平和宣言の一節だ。原爆犠牲者を心から悼み、悲劇を繰り返してはならないとする宣言の精神は尊い。

 ただ、触れられていないことがある。それは、自衛隊などによって一日も欠かさず続けられてきた安全保障上の努力への理解だ。

 毎日新聞6日付夕刊は、1面トップで、「69年間 戦争しなかった」「市長、憲法の重み訴え」との見出しを付けて、この式典について報じた。

 憲法9条をもつ日本国憲法があったからこそ、戦後日本の「平和」が保たれたとの考え方を前提とした記事だろう。

 9条が、戦後日本の独特な「平和主義」を支える柱だったのは間違いない。しかし、
9条こそが戦後日本の「平和」を保ってきたとみなすのであれば、見当違いも甚だしい。

 9条に対する、この無邪気ともいえる信奉は、まるで「9条教」だ。この「9条教」に欠けているのは、
戦後日本の「平和」を保ってきた最大の要素は、自衛隊と、日米同盟に基づく米軍であるという冷厳な現実への認識だろう。

 平和式典の後、安倍晋三首相は集団的自衛権をめぐって非難を浴びた。広島市内で開かれた
「被爆者代表から要望を聞く会」である。広島県原爆被害者団体協議会、広島県朝鮮人被爆者協議会など
「被爆者7団体」の代表は、首相に対し、集団的自衛権の行使容認を決めた7月の閣議決定の撤回を要求した。

 7団体連名の要望書は、「戦争をしない国」を宣言した現憲法が「国民の命を守ってきた」と強調した。
「9条教」の典型である。(以下略 全文はリンク先で)


6: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 10:42:37.10 ID:tXRU5Ay10.net

戦後の平和はアメリカの核の傘が有ったから。
馬鹿だね、憲法で守られたんじゃない。


7: 名無しさん@13周年 2014/08/09(土) 10:44:27.69 ID:uL/AoSF2U

いいねえ産経


91: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 11:07:10.74 ID:FzlQU7rp0.net

no title


九条教は基地害揃い

続きを読む
posted by 中島 at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 憲法
Powered by BlogRing