マスコミ - 売国情報ちゃんねる

2016年04月24日

「記者が被災地少女を雨の中に」批判に報道局幹部が答えた 「ネットで猛反発」でも「謝罪の形」とらなかった理由

1: 2016/04/23(土) 20:35:01.84 ID:CAP_USER*.net

http://www.j-cast.com/2016/04/23265025.html?p=all
2016/4/23 17:56

「少女を雨の中に追いやり、ずぶ濡れにさせた」との指摘があったが、そうした事実はなかったと判断した――。
熊本県民テレビ(KKT)は2016年4月22日、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)での自局アナウンサーの振る舞いへの批判に対する「反論」コメントを発表した。ツイッターなどでは、「謝罪になってない」「言い訳してるだけ」との批判が相次いでいるが、KKTの報道局幹部はJ-CASTニュースの取材に、「現場の状況を総合的に判断した結果、あえて(編注:本人たちへの)謝罪の形はとらなかった」と説明する。

「テレビ局ではあれを『自発的に退いた』と言うのか」

4月21日放送の「ミヤネ屋」では、今回の地震で大きな被害を受けた熊本県益城町の避難所の様子が中継された。

番組では、強い雨が降っている中、KKTのアナウンサーが焼き芋の炊き出しを行う男性を取材することに。その際に、男性の手前にいた少女2人を、アナウンサーが、屋根のない場所に「手で追いやった」ようにも見える場面が生中継された。左手が少女らに触れているようにも見える。

その後、雨で濡れた少女2人(うち、ひとりは傘を持っているが、さしておらず)の姿が映されると、ネット上では「アナウンサーが少女を無理に雨の中へ押しやった」として、「酷すぎる」「気分悪い」と非難する声が次々と上がった。

こうした批判を受け、KKTは4月22日、公式サイト上でコメントを発表。少女2人はインタビューが始まったので「自発的に退いた」と説明。また、視聴者からの指摘を受け、同じアナウンサーを再度派遣して経緯を説明したところ、少女2人には「どかされたという自覚がなかった」ことが分かったとも続けた。

最終的には、「アナウンサーが焼き芋の炊き出しを邪魔したり、無理に雨の中に出したりした事実はなかったと判断しています」と結論付けた。その上で、「この映像が視聴者の方々に不快な思いをさせたとすれば、お詫び申し上げます」とした。

KKTが発表したコメントに対し、ネット上では「言い訳してるだけ」といった批判が続出した。ツイッターやネット掲示板には、

「本人目の前にして子どもが『退かされた』って言えるワケない」
「言い訳にすらなってない。子どもを雨ざらしにしたのは変わりないし、退かざるを得ない状況にしたんだろ」
「アナウンサーが手でどかしているように見えるんだけど、テレビ局ではあれを『自発的に退いた』と言うのか」
といった投稿が相次ぎ、またもや「炎上」状態になってしまった。
親族から「謝る必要などない」と言われた

22日のコメントを発表した意図とは、いったい何だったのか。KKTの報道局幹部は16年4月23日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「インターネット上で『謝罪になっていない』との批判が上がっていることは知っています。ですが、本人たちが『謝罪はいらない』と言っている以上、我々は誰に向けて謝罪すればいいんですか?」
と話す。

続けて、発表文では「経緯を説明するため」にアナウンサーを派遣したとしているが、当初は謝罪に向かわせたのだと明かす。その際、少女とその親族から「謝る必要などない」「気にせず仕事に戻って」と言われたため、本人の意思を尊重し、「あえて謝罪の形はとらなかった」と説明した。

また、少女2人はテレビの取材を楽しんでいる様子だったとして、取材前の打ち合わせの際には、アナウンサーとも「仲良く話していた」とも続けた。さらに、現場には少女の祖父母もいて、取材中の様子は保護者も確認していたという。そうした理由を挙げた後、

「(少女らに対して)無理に『問題ない』という趣旨のコメントを言わせたわけではない」
と強調。さらに続けて、

「放送した内容について、ご不快に思われた方がいたとすれば、そこについてはお詫びしたい。ただ、先ほど述べたような現場の状況を総合的に判断した結果、インターネット上の批判に対して釈明・反論するようなコメントになったのです」
と話した。


2: 2016/04/23(土) 20:36:21.99 ID:HH9goc7b0.net

一週間、震度5以上が17回も続いた恐怖
邪魔者扱いされて冷たい雨に晒される女の子
どかされてる時の表情…

no title


no title


いかにもマスゴミらしい報道
それに踊らされるピュアな人達

給油行列に割り込んで叩かれたマスゴミ
被災地の弁当を食って叩かれたマスゴミ
女子トイレを盗撮して叩かれたマスゴミ
被災者を押し退けて叩かれたマスゴミ

「みなさーん!おにぎり捨てられてますよー!」
「物資は豊富にありますよー!」
「焼き芋まで食ってますよー!」
「だからマスゴミは悪くないですねー!」

被災地でやりたい放題やって叩かれたマスゴミ
今度は被災者が贅沢だと大げさに映す

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

マスコミのヘリコプターが被災者を殺した可能性 / 助かる命を消す「マスコミが報じない真実」

1: 2016/04/23(土) 20:42:21.77 ID:xWOZj8AF0●.net BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典

被災地上空を飛んでいるマスコミのヘリコプターの騒音が、被災者や支援者たちの精神と心を削っている。

・インターネット上の声
「熊本県上益城郡益城町で被災した者です!! 放送局のヘリの音で町内放送が全く聞こえません!!」
「見せ物を撮るように飛んでるヘリはうるさいし邪魔にしかならないからマスゴミはそんな沢山いらないです」
「報道のためだけにヘリを飛ばすのは、ヘリコプターの音のせいで救助を求める声が届かなくなる」
「ほぼ24時間ヘリの音が聞こえてたんだよ……それで誰か助かった人いたのかな」
「放送局のヘリの音で町内放送が全く聞こえません!! ヘリの自粛を!!」

・助かる命が助からなかった可能性
そんななか、「在京マスコミが一切触れない阪神大震災での教訓」と題されたブログ記事(2016年1月18日掲載)が大きな注目を集めている。1995年に発生した阪神淡路大震災の際、マスコミのヘリコプターの騒音のせいで、助かる命が助からなかった可能性があるのだという。

・ブログ記事の一部引用
「阪神大震災の死因で一番多かったのは、家屋倒壊による窒息・圧死である。その比率は全体の77%に及ぶ。都市直下型で特に古い木造家屋の1階部分で被害を受けると柱などが倒れてきた場合、足元ならケガで済むようなものでも上半身だと横隔膜が圧迫されて呼吸ができずに死に至るという。

話を元に戻すと、上岡龍太郎氏の子息は発災直後に倒壊した家屋で声を振り絞り「誰かいませんか」と生存者の有無を尋ねて回ったそうだ。ところが既に上空では報道陣のヘリコプターが飛び回り爆音を撒き散らしており、生き埋めになって時間が経っているため、か弱い声が聞こえなかったというのだ。これは間違い無くマスコミが引き起こした二次災害である」(引用ここまで)

・震災経験者の書き込み
「震災経験者として一言。震災発生時のマスコミには本当に殺意を覚える。地上での取材ももちろん邪魔だが、ヘリコプターの音が倒壊した家の下敷きになった人たちの声をかき消してしまう。本当に殴りたいと何度も思った。本当に殴っている人を見て、人生でただ一度だけ殴っている人を止めるのを躊躇した」

http://buzz-plus.com/article/2016/04/23/kumamoto-jishin-helicopter/
no title


6: 2016/04/23(土) 20:47:02.02 ID:5KoChO7M0.net

マスゴミの人殺し


9: 2016/04/23(土) 20:50:21.10 ID:3EHExwWc0.net

捜索を邪魔するために飛ばしているんだよ
知らないのか


10: 2016/04/23(土) 20:50:34.53 ID:AsF1zwL50.net

ドローンにしよう

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2016年04月23日

???「俺らが報道するから被災者が救済されるんだろ? 文句言うならお前が助けてみろ」

1: 2016/04/22(金) 12:26:51.15 ID:3zZ6J/S/0.net BE:787573259-PLT(15000) ポイント特典

被災地には「邪魔」な存在でも、メディア抜きでは「救済」できない
(前略)
メディアを抜きにして被災者救済はできない

「報道ヘリ」の騒音批判に関しては、阪神・淡路大震災のときにも同じようなことがあった。
現場で瓦礫の下の生存者の救済に当たっている作業員から、「生存者の声がヘリの音がうるさくて聞こえない」という不満の声が上がったからだ。

しかし、当時の神戸上空には報道ヘリだけが飛んでいたわけではない。自衛隊をはじめ多数のヘリが飛んでいた。
それなのに、なぜか報道ヘリだけが視聴者の槍玉にあがり、「ヘリで取材するひまがあったら救援物資を落とせ」など、ヒステリックに批判された。

しかし、これらの批判は、みなテレビ報道を見た一般視聴者が、正義感にかられてメディアを批判したもので、きわめて感情的なものである。

今回の熊本でのツイッターやFAXでの批判も、ほぼあのときと同じだ。
自分たちは安全なところで見ていて、現場の救援作業が進まない苛立ちを誰かを悪者(つまりメディア)にすることで解消しているに過ぎない。

私は、ツイッターが災害や事件に対して大きな効力を発揮することに異論はない。しかし、それは現場にいる人間や当事者が発するツイッターであり、
外野が発するツイッターではない。メディアに向かって「被災者にとってメディアは迷惑な存在だと自覚せよ」などという“正論”をぶつツイッターユーザーには、
「そんなに言うなら、あなた自身が現場に行って被災者を助けてみろ」と言いたい。

それなのに、今回もまたメディア側の人間までも、
「報道ヘリを1社に限定するようにできないか」
「救助は初動72時間が勝負。せめて72時間は報道ヘリが飛ばないよう法制化を」
などと言い出したのにはあきれた。

報道ヘリも現場クルーも、ある意味で、“使命感”に基づいて取材をしている。メディアはともかく伝えるということが、最大の使命で、それだけは果たしている。

被災者にとって、メディアは邪魔者かもしれないが、全国の人々にとっては、空撮や現場報道によって伝えないかぎり、その災害の全容はわからない。
たとえ一時的に邪魔に思えても、メディアを抜きにしては、被災者の救済はできないと、私自身の経験から思う。
(後略)
http://ironna.jp/article/3166?p=2


2: 2016/04/22(金) 12:27:44.26 ID:oocaOzxd0.net

>>1
その使命感、必要ないのでお引き取り下さいな。


3: 2016/04/22(金) 12:28:17.65 ID:bIj/EqH70.net

だからってガソリンスタンドの行列に割り込むのが許されるのかと言えば、それは違うだろう。
なんで批判されてるのか分かってないの?


4: 2016/04/22(金) 12:28:29.91 ID:lWhgw7Tc0.net

撃ち落とすぞマスゴミ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

マスコミが報じない「被災者VS記者」トラブル 自治体の要請もむなしく「記者が勝手に...」

osinoke.jpg
1: 2016/04/22(金) 19:28:20.74 ID:CAP_USER*.net

http://www.j-cast.com/2016/04/22264981.html?p=all
2016/4/22 19:19

「施設内でのカメラ取材禁止」――。地震で大きな被害を受けた熊本県益城町の避難所に、こんな注意書きが掲出されている。その背景にあるのは、被災者と取材陣の間で発生している「大手メディアが報じないトラブル」の数々だ。

益城町震災対策本部は2016年4月22日のJ-CASTニュースの取材に対し、「カメラを向けられたり、無理な取材を受けることが被災者のストレスに繋がる。メディアの皆さんには、どうか配慮をお願いしたい」と話す。

被災者は「見せ物じゃない」

ツイッターなどに数多く報告されているマスコミと被災者のトラブル。その一例が、16年4月21日放送の情報番組「Nスタ」(TBS系)で、図らずも生中継されてしまった。避難所となっている益城町の広安小学校を訪れた取材陣に対し、被災者の1人が「撮るなと言った!見せ物じゃない、どっか行け!」と声を荒げる一幕が放送されたのだ。

「Nスタ」の取材陣にクレームをつけたのは、大柄な体格の中年男性だ。避難所の入り口付近でインタビューを行うレポーターに対し、「撮るな」「見せ物じゃない」と連呼。「お前ら(取材クルー)の車は邪魔だ、どかせ」とも続けた。

中継はすぐさま打ち切られ、画面は即座に東京のスタジオに切り替わった。スタジオの堀尾正明アナウンサーは「ちょっとご迷惑になっているようで...。すいませんでした」と平謝りしたが、「何事もなかったかのように」そのまま番組を進行した。

こうした一幕に、ネット上では「迷惑かけ過ぎ」「無神経すぎる」など番組への批判が殺到。ツイッターやネット掲示板などには、

「被災して心身ともに疲れているのに、取材、取材でウンザリなんでしょ」
「マスコミもほどほどにしてほしい。 ただでさえみんな神経質になっとるのに」
「被災者の本音が聞けてよかったな 分かったらもう帰れよ」
などと、避難者への配慮に欠ける取材陣の振る舞いを非難する声が相次いで上がった。
「取材を禁止している校内に勝手に入ろうとするマスコミの方も」

今回のトラブルの現場となった広安小学校の震災対策本部は、取材に対し、

「そうしたトラブルが起きていたとは知りませんでしたが、取材を禁止している校内に勝手に入ろうとするマスコミの方もおられます」
と明かす。そうした取材陣の行動を防止するため、校内での取材禁止を告知する張り紙を16年4月21日に掲出。また、益城町福祉保健センターの避難所でも、「施設内でのカメラ取材禁止」という張り紙を出しているという。

益城町震災対策本部の担当者に話を聞くと、「施設内での取材や撮影を禁止しているのは、避難者のプライバシーを守るためです」という。続けて、マスコミの取材行為が被災者のストレスに繋がっているとも述べ、「メディアの皆さんには、どうか配慮をお願いしたい」とも訴えた。

被災者の心のケアに詳しく、過去の災害時には避難所を訪れての診療経験もあるという『東京都立中部総合精神保健福祉センター』の精神科医は、「報道に乗らないだけで、被災者とマスコミの間でトラブルが起きることは珍しくありません」と明かす。

「被災者が『見せ物じゃない』などと声を荒げたり、『カメラをこづいたり』といった行動をとることは、避難所での診療時によく耳にしました。災害によって強い心的ストレスを受けた被災者は、感情のコントロールが非常に難しい状況になっているため、こうしたトラブルが起きてしまうのでしょう」
マスコミ側に対しては、被災者に対する配慮が欠けている部分があると指摘。「避難所の状況や被災者の感情を正しく理解して、配慮を徹底して取材する必要があると思います」とも述べた。


2: 2016/04/22(金) 19:29:36.69 ID:mBKhWTR40.net

ピースボートよいしょしたければスタジオでゆっくりやれよ。


3: 2016/04/22(金) 19:30:04.46 ID:liIbhpcY0.net

唯でさえ気が立ってるところにマスゴミが湧いてきたら、そりゃキレるわな


6: 2016/04/22(金) 19:30:47.00 ID:Rh+xKuvy0.net

>>1
だろ?
知ってた

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2016年04月20日

【中日新聞社説】熊本地震への政府の対応は不適切なことばかり

1: 2016/04/19(火) 08:21:27.84 ID:7IuTaZ6u0?2BP(1500)

熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震。安倍晋三首相は「政府一体となって
災害応急対策に全力で取り組む」と指示したが、政府の対応は適切だったのか。
教訓とするためにも、冷静な分析が必要だ。

まずは自衛隊派遣の在り方だ。政府は十四日夜に起きた震度7の地震を
受けて二千人規模の自衛隊派遣を決定した後、十六日未明の「本震」後に
二万五千人へと派遣規模を拡大。結果的に自衛隊を逐次投入する形となった。
しかし、これまでの観測ではなかったが、マグニチュード(M)6・5程度
の地震が起きた後に、より大きな本震が起きることも、今回の地震で明らか
になった。大きな内陸地震が起きた場合、自衛隊を逐次投入するのではなく
当初から大規模派遣を検討すべきことは、今回の教訓であろう。

在日米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイによる食料品などの輸送支援の
受け入れが適切だったのか、との疑問も残る。中谷元・防衛相は「山間部など
への物資輸送、人員搬送に非常に適している」と説明するが、実戦配備後も
事故が相次ぎ、安全性に不安が残る軍用機だ。ほかに輸送手段がないのなら
ともかく、政府側にオスプレイの日本配備を正当化する意図があるとしたら
見過ごせない。(略)

その点、政府が熊本県に「全避難者の屋内避難」を求めるに当たっては、
どこまで被災地の実態を把握していたのだろうか。雨の予報で「土砂崩れの
可能性もあり屋内避難の必要があった」(河野太郎防災担当相)というが
「余震が怖くて部屋の中にいられないから出た」(蒲島郁夫知事)のが現実
だろう。いくら中央から指示を出しても、現場の状況や被災者の気持ちを把握
していなければ、有効な対策とは言えまい。災害応急対策は被災地に近く、
現場を理解する地元自治体が主体となって取り組むべきだ。政府の支援は
当然としても、自治体に権限や裁量を委ねた方が応急対策の実が上がるのではないか。

菅義偉官房長官は今回の地震を受け、憲法を改正して、非常時に権限を内閣に
集中する緊急事態条項を設けることについて「極めて重く大切な課題だ」と
述べた。本末転倒の議論である。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016041902000114.html
http://editorial.x-winz.net/ed-10126


29: 2016/04/19(火) 08:30:01.09 ID:nOAmdpme0.net

>>1
中日新聞=岡田克也の広報誌
no title


2: 2016/04/19(火) 08:23:28.40 ID:11uldCZV0.net

糞メディアは現場で邪魔なんだよ


3: 2016/04/19(火) 08:23:36.21 ID:bsBVuJzgO.net

結論有りきの検証に何の意味があるんでしょうね


4: 2016/04/19(火) 08:23:41.71 ID:2JtIXOE+0.net

震災に乗じて楽しそうですね

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

2016年04月19日

毎日放送(MBS)アナウンサーが被災地で食糧を現地調達か…弁当画像を投稿し非難殺到「被災者の食べ物を横取りするな」

1: 2016/04/18(月) 20:32:13.62 ID:CAP_USER*.net

熊本地震を取材中の毎日放送(MBS)の山中真アナウンサーが16日、
被災地で調達したと思われる弁当の写真をTwitterに投稿した。

この山中アナの投稿に、被災地が食糧不足で苦しむ中「被災者の食べ物を横取り」などと
非難が殺到、炎上状態となっている。

山中アナは、15日朝から熊本県の被災地を取材。
16日には未明の揺れの大きさや、被災者の不安と疲労に包まれた様子などを報告し、
21時前に「やっと今日の1食目。食料なかなか手に入りにくいです」と弁当の写真を投稿した。

Twitterでは、被災地の食糧を外部の人が消費すること、
被災者の気持ちを鑑みないことに否定的な意見が多く寄せられている。

「あなた以上に現地の方は食料を求めているでしょうに」
「被災者の食べ物を横取りして、何がマスコミか」
「自ら食べる分の食事くらい持っていけばいくべきでしょ」
「美味しそうなお弁当を『被災地』でゲットし、あまつさえ『取材は大変』感を出そうとするとは」
「マスコミの人間が被災地に行って被災者に渡る可能性があった食料を横取り? 行かない方がマシじゃないの?」
「お願いですので、外部からの来訪者の方々は自分の食料は持ってきてください。そのぶん被災者の方々の分け前が減りますので」

今回の震災でも、マスコミ各局はそれぞれ報道ヘリを飛ばし、
関西テレビは給油割り込み問題を起こすなど、その取材対応は物議を醸している。
このため、マスコミの震災報道には厳しい目が向けられているようだ。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0418/blnews_160418_6308186301.html

画像は山中真アナウンサーのTwitterスクリーンショット
no title



【熊本地震】列に横入りしてガソリン給油、ヘリの騒音、深夜にライト…マスコミの厚かましさに被災者から怒りの声★4 [無断転載禁止]コピーライトマーク2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1460937096/
【熊本地震】関西テレビが謝罪…ガソリンスタンドで被災者の列に割り込み給油「あってはならない行為」「お詫び申し上げます」★9コピーライトマーク2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1460976064/


2: 2016/04/18(月) 20:33:13.96 ID:HS5GnQo/0.net

ま た 大 阪 の テ レ ビ 局 か


3: 2016/04/18(月) 20:33:35.47 ID:Q3ed3tWp0.net

ガソリン横取り、食事も横取り
さすが糞MBSですねw


4: 2016/04/18(月) 20:33:42.42 ID:X2IFrqmf0.net

まーた大阪

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ

【大炎上】関西テレビの車が被災地ガソリンスタンド割り込みか /被災者が激怒「早朝から並んでたのに」

1: 2016/04/18(月) 03:54:35.28 ID:UXzsVhjk0●.net BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典

熊本県上益城郡益城町に住む、HONDA勤務の女性Aさんが、関西テレビ放送の取材車に不快感をあらわにしている。被災地のガソリンスタンドで、ガソリンや軽油などを得るため、早朝から長蛇の列ができていたという。そこにやってきた関西テレビ放送の取材車が行列を無視して割り込み。その行為を不快に思ったAさんが、Twitterに以下のような書き込みをした。

・Aさんの書き込み
「ガソリン入れるために朝早くからたくさんの人が並んでたのに横入りされて、母が「後ろに他の人もいるので並んで下さい」て言ったのにも関わらず無視して我先にとガソリン入れてました。 テレビ局だからいいんですか?? もう少し考えて欲しい」

「スタンドに入ってスタッフさんが誘導するまではガソリンも軽油も1列に並んでいます」

・不快に思って当然
震度7を記録した益城町周辺は、食料、衣類、生活用品、そして燃料など、すべてのものが不足している。それゆえ、ガソリンスタンドに長蛇の列ができるのも仕方がない。そんな状況下でテレビ局の取材車が割り込んできたのだから、不快に思って当然である。以下は、インターネット上の声である。

・インターネット上の声
「山口県とか通り道で補給すればいいのにね」
「元、局員です・・ハッキリ言って最低の人種が揃っています。申し訳ありません」
「マスメディアに関わる人は、何か勘違いしてる人間が多い。自分たちは特別だと思ってる節がある。企業倫理が著しく乏しい」
「腹がたつなあ!カンテレの犯罪として、バンバン拡散しなはれ!」
「これは絶対にあってはならないこと!! 抗議しますね!」
「関テレに抗議のメールは送りました。 21年前に阪神大震災体験してるはずなのに情けないです」
「テレビ局より、スポンサーの企業に文句言った方が良いですよ」

・地域住民の指摘を無視した行為
「テレビ局が持ち込んだ燃料をガソリンスタンドに預けていただけ」という情報もあり、割り込みではない可能性も出てきた。しかしながら、いくら燃料を預けていただけだとしても「地域住民の指摘を無視した行為」の説明はできないため、疑惑はぬぐえていない。

http://buzz-plus.com/article/2016/04/18/hisaichi-gas/
no title

no title

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。