戦時売春婦 - 売国情報ちゃんねる

2014年09月17日

【河野談話検証問題】自民党の谷垣幹事長、「河野談話」見直す必要はないとの考え

tanigaki001.jpg
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 21:33:09.50 ID:???.net

 自民党の谷垣幹事長は、従軍慰安婦に関する河野談話について、見直す必要はないとの考えを示しました。

 自民党・谷垣幹事長:「菅官房長官が度々、『河野談話の見直しはしない』と明言している。幹事長として、
そういう菅官房長官のお考えと一緒にやっていきたい」

 谷垣氏は、河野談話の見直しを否定したうえで、新たな談話についても必要ないとの考えを明らかにしました。
 また、慰安婦報道に関する朝日新聞の誤報問題については、「誤った新聞報道で国益に影響を与えたことについては、
真摯な反省が必要だ」としたうえで、「ジャーナリズムがどうあるべきか議論することが大事だ」と強調しました。

テレ朝ニュース 09/16 15:05 (リンク先に動画あり)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000034699.html


2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 21:37:24.94 ID:owag50if.net

売国奴が何だって?
増税大好き
アンタが大将なんだからw
死ねよ!


5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 21:39:58.08 ID:v71Rxp4g.net

谷垣にとって民意は関係ないからな


6: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 21:40:22.01 ID:1Os+KIHi.net

政府の菅官房長官、党の二階総務会長、そして谷垣幹事長・・・・・
政府と党の要職の発言だ。
これが良識だろう

続きを読む
posted by 中島 at 13:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2014年09月16日

慰安婦聞き取り映像の一部公開「理解に苦しむ」 菅官房長官が不快感 ← 日本側の映像も公開した場合またファビョるんだろうな

sugasan01.png
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 19:42:16.96 ID:???.net

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は16日の記者会見で、韓国の市民団体が、
慰安婦募集の強制性を認めた河野洋平官房長官談話の根拠となった元慰安婦の聞き取り調査の映像を公開したことに対し「一部だけを公開したことは理解に苦しむとともに大変遺憾だ」と不快感を示した。

 菅氏は「聞き取り調査は非公開を前提に行われ、内容の公開は慎重であるべきだと考えている」と述べた。
慰安婦の聞き取り調査報告書については、産経新聞が入手した資料によりずさんな内容だったことが明らかになっているが、政府は「非開示」としている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140916/plc14091618170003-n1.htm


3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 19:43:09.08 ID:BIArJO91.net

これで日本も開示出来る!


4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 19:44:21.22 ID:MAmc0tBJ.net

しつこくまだやる気かよ韓国って
こっちも全面公開すればいい


5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/16(火) 19:44:22.86 ID:rf6N7oGf.net

都合のいい部分だけ編集してるのは何故だとかツッコミ入りそうだよな

続きを読む
posted by 中島 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2014年09月13日

琉球社説:朝日誤報 慰安婦の強制性は否定できぬ 女性を性のはけ口とした歴史の事実を無視するな ← 論点すり替えに必死やな、もう騙せないのに

narisumasi001.jpg
1: 逆落とし(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 12:35:47.15 ID:taBYJS6k0●.net BE:601381941-PLT(22121) ポイント特典

<社説>朝日新聞誤報問題 負の歴史は否定できない

朝日新聞の木村伊量社長が記者会見し、従軍慰安婦に関する報道と東京電力福島第1原発事故の「吉田調書」をめぐる
報道の誤りを謝罪して記事を取り消した。特に慰安婦の問題は報道機関の歴史認識や言論の自由に対する姿勢が問われる
もので事態は深刻だ。

韓国・済州島で、慰安婦を強制連行したという故吉田清治氏の証言を朝日新聞が初めて報じたのは1982年だった。92年に
証言に疑義を呈する報道があったのに検証の機会を逸し、訂正まで32年を要した。木村社長が認めるように「訂正するのが
遅きに失した」と言わざるを得ない。

しかも、この問題を論評するジャーナリスト池上彰氏のコラムの掲載を拒否した。自由な言論を守るべき報道機関の使命を
放棄したに等しく、重大な過ちだ。木村社長が「読者の信頼を損なうような結果に責任を痛感している」と謝罪したのも当然だといえよう。

吉田証言は虚偽だったが、朝鮮半島の女性を慰安婦として戦地に駆り出した重大な人権侵害があった事実は変わらない。
記事取り消しに乗じて負の歴史を否定する動きが広がることを危惧する。

従軍慰安婦に関してはさまざまな証言がある。沖縄戦においても首里城地下に置かれた32軍司令部壕に朝鮮の女性たちが
いたことが学徒の証言で分かっている。

慰安婦問題に関する93年の河野談話は、日本軍が慰安所の設置や管理に関与したことや、本人の意思に反した慰安婦の
募集があったことを認めている。強制連行に関する一証言が否定されても、広義の強制性は否定できない。

国立公文書館は昨年、強制連行したオランダ人女性を慰安婦とした旧日本軍将校の裁判記録を開示した。日本兵の性の
はけ口となることを女性たちに強いた証言があり、歴史の事実として無視できない。

続く


2: 逆落とし(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 12:36:12.98 ID:taBYJS6k0.net BE:601381941-PLT(12121)

安倍晋三首相はラジオ番組で「(誤報によって)国際社会で日本の名誉が傷つけられたことは事実」と述べた。しかし、負の
歴史から目を背けては国際社会から信頼を失う。

安倍内閣は河野談話を継承する以上、慰安婦問題の全体像を明らかにすべきだ。そのことが国際社会の信頼を得ることにつながる。

「吉田調書」の誤報について木村社長は「記者の思い込みと、チェック不足が重なった」と説明した。同じ報道機関として
自戒しながら、朝日新聞の検証作業を見守りたい。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-231521-storytopic-11.html

続きを読む
posted by 中島 at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

中日社説:報道は人間行為、ゆえに誤報は仕方ない 誤報追求より慰安婦問題への直視を ← 仲間を助けようと必死やな

narisumasi001.jpg
1: 逆落とし(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 12:29:03.31 ID:taBYJS6k0●.net BE:601381941-PLT(22121) ポイント特典

社説:朝日新聞の謝罪 言論報道の責任と使命
2014年9月13日

朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長が、東京電力福島第一原発事故や慰安婦問題に関わる誤報を謝罪し、進退に言及した。
誠実に事実と向き合う姿勢を貫くことは、新聞をはじめ報道機関にとって大前提だ。

木村氏はまず、原発事故の政府事故調査・検証委員会が、当時の所長だった故吉田昌郎氏から聞き取ってまとめた「吉田
調書」をめぐり、五月に報じた記事を間違いとして取り消した。

次いで、韓国済州島で慰安婦を強制連行したとする故吉田清治氏の虚偽証言に基づいて報じてきた記事を八月の特集で
取り消し、訂正しながら、謝罪を欠いたことをわびた。

さらに、その遅きに失した姿勢を批判的に論じたジャーナリスト池上彰さんのコラムの掲載を一時拒んだ問題の責任も認めた。

これらに関連して、杉浦信之取締役の編集担当の職を解き、木村氏自身も「編集部門の抜本改革など再生に向けておおよその
道筋をつけた上で進退を決断する」と述べ、辞任を示唆した。

真実の追求を心掛けても、人間の行為ゆえに時として誤報は免れ難い。重要なのは、その指摘を受けたときに、いかに誠実に
対応するかだ。記事に誤りがあれば正し、謝罪するのは当たり前だ。

朝日の対応はすべてが後手に回り、報道機関全体への信頼を損ないかねない事態をもたらしている。やはりその責任は重い。

一連の問題は、読者の意見や批判を真摯(しんし)に受け止めることの大切さを示した。言論報道の自由は国民の知る権利に
応え、民主主義を支えるためにある。この使命と責任を果たすには、正確かつ公正に徹せねばならない。誤報やその対応の
過ちによって、権力の介入を招いてはならない。

続く


2: 逆落とし(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 12:29:29.81 ID:taBYJS6k0.net BE:601381941-PLT(12121)

さまざまな情報が瞬時に世界を駆け巡るネット時代だ。不確かな情報も氾濫している。こうした時代だからこそ、新聞の責任ある
報道がますます重要になっていることをかみしめたい。

朝日の誤報を追及するあまり慰安婦問題が存在しなかったかのような議論は疑問だ。戦時下の女性の尊厳や人権がいかに
蹂躙(じゅうりん)されてきたかを直視する取り組みは続けるべきだ。

また、河野談話や「女性のためのアジア平和国民基金」による償いなどによって、日本が正面から問題に向き合ってきたことを
国際社会に知らせていくべきだ。近隣諸国との関係に心を砕き、世界での誤解を解いていきたい。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014091302000105.html

続きを読む
posted by 中島 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

【東部労組機関紙/コラム】菅官房長官「強制連行を示す客観資料はない」、だから何なんだ、強制連行がなければ免罪されるのか ← 逆に何が問題なんだ、強制連行がなければ仕事やってただけだろ、報酬も破格だし

narisumasi001.jpg
1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 10:26:39.45 ID:???.net

東部労組の石川です。

東部労組機関紙2014年9月号のコラム<二言三言>に下記の文章を掲載しました。

<二言三言>2014年9月号

日本軍「慰安婦」問題をどう考えるか

先月、朝日新聞は日本軍「慰安婦」問題について、故吉田清治氏による強制連行の証言は虚偽として記事を取り消すとともに、
「慰安婦」と「女子挺身隊」を混同した誤用を認めた。

これに対する右翼勢力と週刊誌などのネガティブ・キャンペーンはすさまじく、常軌を逸している。

たとえば週刊新潮は「全国民をはずかしめた朝日新聞七つの大罪」、週刊ポストは「慰安婦の大虚報朝日新聞の重罪」といい、
橋下徹大阪市長にいたっては、「国家をあげて強制連行をやった事実がなかったことがほぼ確定した」などと話した。

彼らの主張は「『慰安婦』問題は朝日新聞の誤報・捏造によって作られたもの」で、そのような歴史的事実はなかったということにつきる。

果たしてそうなのか。

そもそも慰安婦問題とは、かつての日本の朝鮮などへの植民地支配、中国などへの侵略戦争の間に、旧日本軍の直接あるいは間接の関与によって、
長期に、かつ広範な地域にわたって、慰安所が設置され、日本を別にすれば、朝鮮人をはじめ数多くの女性が甘言、強圧など本人たちの意思に反して、
「慰安婦」を強制され、痛ましい生活を強要された事実をさす(1993年河野洋平官房長官談話)。

これらの歴史的事実は、安倍や橋下がすがりつく「強制連行はなかった」ことを含め、多くの被害者による損害賠償裁判での事実認定やオランダ人女性
を強制連行して慰安婦としたスマラン事件、中国桂林での強制連行を認定した東京裁判判決でも立証されている。

菅官房長官は先日の記者会見でまたも、「強制連行を示す客観資料はない」と強調している。それに対しては、だから何なんだと答えたい。

強制連行の証拠がないことを主張することで、慰安婦問題がすべて免罪されるとでも言うのであろうか。そんなことはあり得ない。

「問題の本質は、女性たちが戦地で日本軍将兵に性的行為を強要されたことにある。慰安をしたのではなく性暴力を受けた。兵士の性病まん延防止と
性欲処理の道具にされた。その制度づくりから管理運営に軍が関与していた。それは日本の植民地支配、侵略戦争という大きな枠組みの中で行われた
ものであった」(神奈川新聞8月10日社説)。

私たちは目をそむけず、問題を直視しなければならない。(石)

ソース:レイバーネット 2014-09-12 16:05:40
http://www.labornetjp.org/news/2014/1410505540289staff01


3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 10:27:59.60 ID:shpjy40v.net

昭和33年の売春防止法以前は、売春婦は立派な職業だった


4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 10:28:58.16 ID:gJx2eBD2.net

>私たちは目をそむけず、問題を直視しなければならない。
これ、お前ら阿呆左翼にブーメランんじゃないの?


6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 10:29:10.29 ID:8LfxLbx2.net

左翼お得意の論点ずらしw。当時合法だった売春を行っていた人への職業差別
じゃないの? 

続きを読む
posted by 中島 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2014年09月09日

【慰安婦問題】インドネシアでも「直接の強制連行確認できず」 菅官房長官が記者会見で見解

sugasan01.jpg
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 23:27:14.83 ID:???.net

いわゆる従軍慰安婦問題をめぐり、済州島で若い女性が強制連行されたとするいわゆる 「吉田証言」をもとにした
記事を朝日新聞が取り消した。これにともなって、「軍や官憲が直接強制連行を行った」事実はないという点は、
朝鮮半島についてはほとんど争いがなくなったと言える。

だが、オランダの植民地で日本が占領していたインドネシアで、強制連行が行われたという指摘は根強い。政府は
インドネシアについても直接の強制連行を示す資料はないという立場だが、これには異論もある。

  ・インドネシアでは「日本軍が直接関わっているケースが見受けられる」

インドネシアに関する問題が取り上げられたのは、2014年9月5日に行われた菅義偉官房長官の会見だ。1993年の
河野談話に関連する記者の質問で、
「『強制連行はなかった』というのは、学者の間でも90年代に韓国に関しては常識になっている」
という前置きとともに、インドネシアのケースについても触れた。
「インドネシアのケースで、これは白馬事件と言うが、日本の軍が直接、オランダ系の女性を連れて行って強制連行した。
これは定義からして『強制連行』にあたるのではないかという議論がずっと90年代からあると思う。長官がおっしゃる
『強制連行はなかった』というのは、河野談話に関しては、ひょっとしたらそうかも知れないが、一般的に、例えばインドネシアや
東南アジアのケースで、日本軍が直接関わっているケースが見受けられる。これは強制連行に入らないのか」

この「白馬事件」では、1944年2月に日本軍人が日本占領下のインドネシアにあった民間人抑留所からオランダ人女性を
慰安所に連行し強制的に売春させたとして、戦後の軍事裁判で日本軍人に有罪判決が下されている。

「この問題は歴史家の研究に委ねるべきだと言い続けている」

菅氏は質問に対して一度は、
「全体として政府の立場は、この問題は歴史家の研究に委ねるべきだと言い続けている」
と、強制連行の有無について明言を避けようとしたが、記者がさらに質問すると、
「インドネシアの(償い)事業も調整済みで、強制連行を示しているものは見当たらなかったというのが政府としての見解」
と述べ、朝鮮半島と同様にインドネシアについても直接の強制連行を示す資料は見当たらなかったという見解を示した。

だが、この見解には異論も多い。例えば河野談話作成にあたって政府が調査、発見した資料のひとつが「バタビア臨時
軍法会議」と呼ばれる資料で、1.「ジャワ島セラマン所在の慰安所関係事件」、2.「ジャワ島バタビア所在の慰安所関係の
事件」について「被告人」「判決事実の概要」といった事柄がまとまっている。前出の「白馬事件」についても扱われている。

1.の「判決事実の概要」には
「一九四四年二月末ころから同年四月までの間、部下の軍人や民間人が上記女性(編注:ジャワ島セラマンほかの
抑留所に収容中であったオランダ人女性ら)らに対し、売春をさせる目的で上記慰安所に連行し、宿泊させ、脅すなどして
売春を強要するなどしたような戦争犯罪行為を知り又は知り得たにもかかわらずこれを黙認した」
と、軍の直接的関与をうかがわせる記述がある。

 政府も「売春をさせる目的で上記慰安所に連行」の記述を把握
共産党の赤嶺政賢衆院議員が13年6月10日付の質問主意書で、政府が調査した資料の中にこれらの記述があるか
確認したところ、政府が6月18日に閣議決定した答弁書では、
「御指摘のような記述がされている」
と答弁。政府としても一連の記述を把握していることを認めている。

だが、この記述が「『軍や官憲によるいわゆる強制連行を示すような記述』にはあたらないのか」という問いには、政府は
否定的な回答をしている。

>>2以降へ続く)

J-CAST 2014/9/ 8 19:16
http://www.j-cast.com/2014/09/08215320.html?p=all


2: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 23:27:50.30 ID:???.net

>>1の続き)

答弁書では、
「政府の認識は、答弁書一(07年3月8日に辻本清美衆院議員が提出した質問主意書に対する答弁書)の1から3までについて
お答えしたものと同じである」
と回答。当時の答弁書の回答の1〜3には
「同日の調査結果(編注:河野談話と同時に発表された資料)の発表までに政府が発見した資料の中には、軍や官憲による
いわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかったところである」
とある。菅氏の答弁は、この答弁書の内容を踏襲していると言えるが、具体的根拠はいまひとつはっきりしない。強制連行の
事実が確認できないのか、事実はあったが組織的な関与ではない、ということなのか。それとも軍法会議の「判決」自体が
間違っている可能性があるということなのか。

オランダ、インドネシアについては、アジア助成基金が元慰安婦の女性に財政的支援を行ったり、元慰安婦の女性を
優先的に入居させる高齢者福祉施設を建設するなどの事業を行っている。同基金はすでにすべての事業を終了し、
07年3月に解散している。

(おしまい)

続きを読む
posted by 中島 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

【慰安婦誤報問題】国内の歴史論争で勝って、海外の人権で完敗した慰安婦問題

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 21:04:49.33 ID:???.net

 橘 玲 | 作家

 朝日新聞は従軍慰安婦問題において、従来の主張を大幅に変更し、一部の記事を虚偽として取り消しました(8月5日朝刊)。
 この問題についてはすでに多くの(というか多すぎる)主張がありますが、これを機に争点を整理してみることは無駄ではないでしょう。

 慰安婦問題の議論は大きく4つに分けられます。

 ・軍による強制連行があったかどうかの事実問題
 ・自らの意思に反して売春を強要された女性の人権問題
 ・日本の戦争責任
 ・韓国のナショナリズム

 朝日新聞をはじめとする「リベラル」は、日本の戦争責任を追及する立場から「強制連行」を歴史的事実と見なしてきました。
 これに対して保守派は、慰安婦問題は韓国の歪んだナショナリズムが生み出した虚構で、軍による一般女性の連行など
なかったと批判しました。

 このように日本国内では、リベラル派と保守派はずっと事実問題で争ってきました。そして今回の朝日新聞の“転向”が象徴するように、
リベラル派は軍による強制を資料で証明できず、「済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」などの証言は虚偽であると
認めざるを得なくなりました。事実論争では保守派が圧倒的に優勢で、「慰安婦問題は朝日新聞の捏造」との批判が沸き起こります。

 しかしひとたび海外に目を転じると、保守派とリベラル派の立場は完全に逆転します。

 アメリカの下院議会では従軍慰安婦問題で謝罪を求める決議が満場一致で可決され、ニュージャージー州やニューヨーク州などの
自治体に慰安婦の碑が次々と建てられています。保守派はこれをアメリカにおける韓国人のロビー活動によるものと批判しますが、
下院での決議にせよ慰安婦の碑の設置にせよ、一部の政治家が独断でできることではなく、有権者の広範な支持があることは
否定できません。

 保守派は「歴史的事実の捏造が“性奴隷”という誤解を生んだ」としてワシントン・ポスト紙に「THE FACTS(事実)」という
意見広告を出したりしましたが一顧だにされず、日本への批判はますます厳しくなっています。

 これは海外において、慰安婦が女性への人権侵害の象徴になったからでしょう。その根拠は軍による強制連行の有無ではなく、
慰安婦本人が声をあげたことです。欧米のリベラルにとって、差別を受けたひとの告発は最大限尊重されるべきもので、それを無視・
否定することは「人権に対する重大な挑戦」なのです。日本の保守派や一部の政治家はこの論理を理解できず、あいかわらず
“歴史論争”を繰り返していますが、なんの効果もないのは当たり前です。

 つくづく残念なのは、一人の詐話師によって慰安婦をめぐる議論が大きく歪められ、それを韓国のナショナリズムが反日の道具として
利用したことです。保守派のメディアは92年には証言を虚偽と報じていたのですから、朝日新聞がもっと早く記事を取り消していれば
状況はずいぶん変わったでしょう。

 保守派のなかにも、元慰安婦が不幸な境遇に置かれたことに同情するひとはいます。だとしたら問題を「反日」プロパガンダから
切り離し、女性の人権問題として対応する道もあったかもしれません。

 その意味でも、出発点となる事実問題において20年以上も議論を混乱させた朝日新聞の責任は重いといわざるを得ません。

『週刊プレイボーイ』2014年8月25日発売号

Yahoo!ニュース 2014年9月8日 15時37分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tachibanaakira/20140908-00038933/

続きを読む
posted by 中島 at 03:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。