戦時売春婦 - 売国情報ちゃんねる

2015年01月21日

【米教科書慰安婦記述問題】菅官房長官「現時点で、同社から日本政府に対して、修正しないとの方針が伝達されたという事実はない」

sugasan01.png
1: 2015/01/20(火) 20:19:13.17 ID:???.net

 米教科書「修正しない方針伝達ない」

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、米国の公立高校で使用されている世界史教科書に慰安婦問題をめぐり
史実と異なる記述があるとして、外務省が米出版社に是正を要請したことに関し「現時点で、同社から日本政府に対して、
修正しないとの方針が伝達されたという事実はない。相手の出方を見たい」と述べた。

 一部報道機関は、同社が訂正を拒否していると報じている。

gooニュース 2015年1月20日(火)08:02
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20150120096.html

関連スレ
【慰安婦問題】 米出版社、従軍慰安婦記述巡る教科書訂正を拒否 [読売新聞] [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1421541320/l50
【慰安婦】「アメリカの教科書の慰安婦記述」〜日本が組織的に歪曲試み(韓国SBS)[01/18] [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1421542025/l50
【国際】慰安婦記述の米教科書、日本政府の修正要請を拒否…「『慰安婦』の歴史的事実に対する学者の意見は一致している」[01/15] [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1421322682/l50


4: 2015/01/20(火) 20:21:27.30 ID:A4ip0a4N.net

ちょ、まじか


5: 2015/01/20(火) 20:22:38.97 ID:qJXbdWYN.net

さすが日本の菅!日本人はあなたについていきます!


18: 2015/01/20(火) 21:04:15.24 ID:iKZeUiW/.net

>>5
さすがウリ達の直人!!

続きを読む
posted by 中島 at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2015年01月14日

米出版社、日本からの慰安婦記述是正要求を拒否 ← これは裁判しかないかな

ianfu003.jpg
1: 2015/01/13(火) 14:12:36.77 ID:???.net

米国のある出版社が公立高校の教科書に記述された日本軍慰安婦強制動員に関連する内容を是正してほしいとする日本政府の要求に応じない
ことが12日、伝えられた。

先月中旬、在ニューヨーク総領事館関係者が米国教育出版社マグロウヒルの関係者と会い、該当教科書に含まれている軍隊慰安婦関連の記述
是正を求めたが、明確な回答を得られなかったと産経新聞が報じた。

マグロウヒルの「伝統と交流」という教科書には、「日本軍は14〜20歳の約20万人の女性を慰安所で働かせるために強制的に募集、徴用した」
「日本海(東海)」等の内容が含まれている。

産経新聞によると、在ニューヨーク総領事館関係者は「慰安婦と日本海呼称問題で重大な事実誤認や日本政府の立場と相いれない記述がある」
と主張して記述内容の是正をを要求した。

ソース:中央日報 2015年01月13日11時35分
http://japanese.joins.com/article/219/195219.html


6: 2015/01/13(火) 14:15:25.84 ID:wfmrFOs1.net

>強制的に募集

意味がわかりません


7: 2015/01/13(火) 14:16:31.62 ID:G/pElGPX.net

名誉毀損で懲罰的賠償を要求すべき


8: 2015/01/13(火) 14:16:40.42 ID:FMrjZnCO.net

 

アカヒの全社員がこの記事に大喜びしているかと思うと胸くそ悪いわ

 

続きを読む
posted by 中島 at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2015年01月13日

慰安婦「強制連行」記述の是正を正式要請 外務省、米教科書会社に 協議は継続のもよう ← もっと本気でやってほしい

ianfu003.jpg
1: 2015/01/12(月) 13:26:56.63 ID:???.net

 外務省は11日までに、米カリフォルニア州ロサンゼルス市や同市近郊の公立高校で使用されている世界史の教科書に、旧日本軍が慰安婦を「強制連行」したとする史実と異なる記述がされている問題で昨年末、
教科書の出版社に記述内容の是正を正式に要請したことを明らかにした。政府関係者によれば、出版社側からは明確な回答が得られず、協議は継続していくことになったもようだ。

 問題の教科書は、米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ニューヨーク)が出版した「伝統と交流」。
先の大戦を扱った章で「日本軍は14〜20歳の約20万人の女性を慰安所で働かせるために強制的に募集、徴用した」「逃げようとして殺害された慰安婦もいた」などと、強制連行があったかのように記述されている。
「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた」と明白な虚偽内容も含まれている。

 また同教科書では、日本の江戸時代を考察する項目で用いられている地図に「日本海(東海)」と韓国側の呼称も併記されている。

 外務省によると、在ニューヨーク総領事館員が昨年12月中旬、マグロウヒル社の担当幹部と面会し「慰安婦と日本海呼称問題で重大な事実誤認や日本政府の立場と相いれない記述がある」として記述内容の是正を要請した。

 政府関係者は「その席で了解を得られるという簡単な話ではない」と話しており、折衝は不調に終わったとみられる。外務省は「今後のことはわからない」としている。

 この問題は産経新聞が昨年11月3日付で報じたことを受け外務省が同月7日、在ニューヨーク総領事館を介し出版社に記述内容の是正を申し入れた。
出版社側は「日本政府の問題意識は共有した」として責任者が協議に応じると回答。これを受けて12月中旬に正式な話し合いの場が持たれた。

 岸田文雄外相も11月18日の記者会見で、マグロウヒル社の教科書の慰安婦問題などに関する記述は「不適切」だとして訂正を求めていくことを強調していた。

 11月26日付の中国のネットメディア「環球網」によれば、米ラジオ局「ボイス・オブ・アメリカ」の中国語サイトは同月25日、日本政府の要請に対し、
マグロウヒル社の広報副部長が「(教科書の内容は)学者たちが慰安婦の史実に基づいて書いたもの。われわれは著者たちの作品、研究、記述を支持する」と、訂正に応じないとする声明を発表したと伝えていた。
この報道について外務省は「関知しない」としている。

http://www.sankei.com/politics/news/150112/plt1501120014-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150112/plt1501120014-n2.html


4: 2015/01/12(月) 13:28:09.75 ID:RdATOpWc.net

>>1
おっ、外務省が特亜関係で
珍しく仕事しているな。
チャイナスクールの影響が弱まったか。


6: 2015/01/12(月) 13:30:11.06 ID:+O7oweSG.net

>>1

ぬるい

明確な虚偽記載なのですから
腕のいい弁護士を揃えて訴訟で勝つところまでやらねば、舐められます

「どうせ口だけだ」と思われてはならない


10: 2015/01/12(月) 13:36:36.14 ID:D2OSpgHR.net

外務省は本気で取り組むことをしてないな。

続きを読む
posted by 中島 at 13:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2015年01月09日

教科書から「従軍慰安婦」と「強制連行」を削除 高校の公民(数研出版)、今春から ← 当たり前、今まで載せてたほうがおかしい、かわりに朝日捏造を載せて

ianfu003.jpg
1: 2015/01/09(金) 11:13:27.69 ID:???.net

教科書から「従軍慰安婦」を削除 高校の公民、今春から

 高校の公民教科書を発行する数研出版が「従軍慰安婦」と「強制連行」が含まれる記述を
削除する訂正申請をしたことが9日、分かった。文部科学省は訂正を認め、今春から
使用される教科書に反映される。

 記述が削除されたのは、現代社会2冊と政治・経済1冊の計3冊の計4カ所。いずれも
昨年11月20日に訂正申請を受け付け、同12月11日に認められた。3冊とも
「従軍慰安婦」「強制連行」の文言がなくなった。

 文科省は昨年1月、小中学校の社会科、高校の地理歴史と公民の検定基準を改定し、
近現代史で通説的な見解がない場合はそのことを明示することなどを明記した。

2015/01/09 10:44 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010901001134.html


2: 2015/01/09(金) 11:14:37.56 ID:LyT/Myds.net

当たり前


3: 2015/01/09(金) 11:14:58.97 ID:IKKmDg9p.net

代わりに朝日新聞の捏造を教科書で教えたらええ


5: 2015/01/09(金) 11:15:48.04 ID:g1LXHfXv.net

>>3
これ

国民が語り続けていくべきこと

続きを読む
posted by 中島 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2014年12月29日

【産経/あめりかノート】慰安婦問題のぬれぎぬ晴らす好機なのに…奇々怪々な外務省の対外発信 古森義久

magosaki001.png
1: 2014/12/28(日) 14:39:41.12 ID:???.net

【あめりかノート】慰安婦問題のぬれぎぬ晴らす好機なのに…奇々怪々な外務省の対外発信 古森義久

2014.12.28 10:50
http://www.sankei.com/world/news/141228/wor1412280010-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/141228/wor1412280010-n2.html
http://www.sankei.com/world/news/141228/wor1412280010-n3.html

日本国の対外発信がいまほど必要かつ好機である時期はこれまでなかったと思う。
慰安婦問題での日本への世紀のぬれぎぬを晴らす緊急の必要性は未来の日本への汚辱を考えるまでもない。
南京事件など戦史を利用しての中国の対日誹謗(ひぼう)作戦への対処も終戦70周年の来年の展開を思えば、切迫した必要性が明白だ。
尖閣諸島に迫る中国の脅威への抑止の議論も同様である。

慰安婦問題では米国や中韓両国の「日本軍の組織的な女性の強制連行」という糾弾フィクションの虚構がいまほど明白になったことはない。
日本国内では朝日新聞の虚報を否定するコンセンサスが確立された。
官民が一致して、正確な事実を外部世界に発信すべき千載一遇のチャンスなのだ。
ワシントンで長年、強制連行はなかったと説いて、米側の反発はもちろん背後の日本側からの弾丸をも浴びてきた私からみれば、想像もできなかった好機である。

だが対外発信では先導役となるべきわが外務省の姿勢が奇々怪々である。自明の優先順位を逆転させているのだ。

オールジャパンの最優先課題は歴史認識や領土問題での関係諸国や国連への日本側の主張の拡散である。
米国では国政の場や言論界、学界、一般有識者に直接伝達する。
日本側主体の慰安婦問題のシンポジウムを開く。
日本の専門家が米側に議論を挑む。新たな調査白書を出す。
米側メディアに日本の見解を発表する。
ちょっと考えてもできること、すべきことは多々ある。
戦争がらみの歴史問題では戦争犯罪は南京事件も含めてとっくに裁かれた事実が大きい。
戦後の日本が平和主義に徹してきた実績も大である。

だが外務省の対外発信計画は「ジャパン・ハウス」と仮称される施設の建設が最優先なのである。
その発信の主体は和食とアニメだという。
計画の詳細について私自身、外務省の担当官らの懇切な説明を2回、しかも長時間受けた。
その説明は「戦略的対外発信の強化」をうたっていても、いざ具体策となると、日本の文化や芸術の魅力を広める拠点としての新施設をロンドンやロサンゼルスに開くことが最優先かつ最重要としか思えない。
新拠点から歴史や領土の発信もするというのだ。

ところがその拠点はすでに存在する。
まず各国の日本の大使館や領事館がその機能を果たせる。
ワシントンやロサンゼルスには大使館所管の立派な広報文化センターがある。
ふだんは映画の上映や文化の展示しかしていないが、政治的行事を催す能力は十二分にある。

だからいまの外務省案は重病の患者に治療や投薬のかわりに、まず病院を建てると告げているような倒錯を感じさせる。

ワシントンでは慰安婦問題を含めての日本の歴史問題がテーマとなる討論の催しは頻繁である。
だがわが外務省代表たちが日本の主張をきちんと述べるのを聞いたことがない。その場にきてもいない。

こんなときに中国の古言を使わねばならないのは残念だが、まさに「まず隗より始めよ」ではないか。
(ワシントン駐在客員特派員)


2: 2014/12/28(日) 14:40:54.10 ID:9f6kRbMX.net

害務省には日本人はいるんだろうかと思う


4: 2014/12/28(日) 14:44:19.76 ID:HbN2Ayyh.net

昔から外務省がむしろ「邪魔をしてくる」というのは有名
現地で慰安婦調査をしていると日本の外務省が調査やめろ!と干渉してくるという話もあった


5: 2014/12/28(日) 14:44:47.68 ID:YNYrlV8X.net

滅ぼそう慰安婦詐欺

続きを読む
posted by 中島 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2014年12月28日

【滋賀報知新聞/社説】事実無根の捏造報道で日本の信用が傷つけられたことは事実…従軍慰安婦問題に関する意見書を可決

usotuki02.jpg
1: 2014/12/27(土) 11:29:28.85 ID:???.net

12月11日、東近江市議会12月定例会一般質問の最終日に西崎彰市議が、「いわゆる従軍慰安婦問題について、日本国がいわれもない、
国益を損ねておりますのでこれにつきまして…」と意見書案第7号(提出先・内閣総理大臣)の提案理由の説明を行った。

要旨は「不当に貶められた先人の名誉を回復し、現在及び未来に生きる日本人の誇りを守るため、世界の平和と繁栄に寄与してきた戦後日本
のたゆまぬ努力や女性をはじめとする人権を重んじる姿勢を内外に発信を求める。一、日本国と日本人の尊厳を回復させるべく国際社会に発言
を行う。二、正しい歴史認識の周知広報、教科書の記述について適切な表現がなされているかの検証。三、新事実に基づく新たな談話の発表」
である。

この意見書には東近江市民クラブの7人が賛同者として名前を連ねているが、説明を受けて数人の市議から質問や異論が出て採決は見送られ、
8人で構成する総務常任委員会(野田清司委員長)で審議し修正して、19日の議会最終日に採決され、賛成17人(東近江市民クラブ8人、
太陽クラブ5人、公明党2人、無会派2人)、反対7人(日本共産党議員団3人、市政会3人、太陽クラブ1人)で可決した。

事実無根の捏造された報道で日本の信用が長年にわたり傷つけられたことは事実であり、現時点で慰安婦問題の解決の目途を立てておかなくては
年々事実関係が不明確になり、次世代では解決が難しくなる為に、国に対して意見を述べ政府に何らかの行動を取らせることが必要ではないだろうか。

ソース:滋賀報知新聞 平成26年12月27日
http://www.shigahochi.co.jp/search.php?type=editorial&run=true&sort=open_time&sort_PAL[]=desc&%E5%BE%E8%BB%8D%E6%B0%E5%AE%
E5%A9%A6%E5%8F%E9%A1%8C%E3%AB%E9%A2%E3%99%E3%8B%E6%8F%E8%A6%8B%E6%9B%B8%E3%92%E5%8F%AF%E6%B1%BA


2: 2014/12/27(土) 11:30:51.90 ID:WKLwA5n4.net

こんな新聞あったんだ


18: 2014/12/27(土) 12:04:07.29 ID:cKuEI88C.net

>>2
これだけ違う行動。


○安倍は、朝日新聞の吉田証言報道を名指しで批判を続けて誤報を認めさせる。
▼民主党は、朝日新聞の元主筆をトップに「党改革会議」新設
 &朝日誤報の国会検証に「報道自由は守られるべき」と否定。

○安倍は、米議会で慰安婦謝罪決議案が議論されてる時期に、
 河野談話について「強制連行の証拠なし」と閣議決定を出して無効化
▼民主党は、米議会で証言した元慰安婦と反日集会&「慰安婦賠償法」を要求。

○安倍は、国内外で「慰安婦の強制連行はなかった」と発言。
▼海江田は、国内外で「安倍は歴史修正主義者。アジアの不安定要素だ」と発言。

○安倍は、日韓交渉で「慰安婦問題は解決済み」と平行線。
▼野田政権は、水面下交渉で元慰安婦に政府追加賠償案を提示して韓国に譲歩。


3: 2014/12/27(土) 11:34:00.93 ID:W3qEAs/w.net

公明党が賛成 共産党が反対か

続きを読む
posted by 中島 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦時売春婦

2014年12月18日

【古森義久/慰安婦問題】NYTに続きワシントン・ポストもLAタイムズも、上から目線で日本を叩く米国大手メディア

usotuki02.jpg
1: 2014/12/17(水) 22:43:28.14 ID:???.net

 前回の当コラム(記者注: http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42414 )では、米国大手紙の「ニューヨーク・タイムズ」が
日本の慰安婦問題報道をめぐる動きを「日本の右翼の新聞攻撃」と断じた記事(「朝日の『慰安婦問題』誤報訂正でNYTの
日本叩きは手詰まりか?」)を紹介した。その後、同紙は、同じ趣旨で安倍晋三首相を非難する社説を改めて掲載した。

 続いて「ワシントン・ポスト」と「ロサンゼルス・タイムズ」の両紙も「安倍首相と右翼が朝日新聞を弾圧している」とするコラム記事や
社説を掲載した。

 これら米国の3大紙はいずれも明確な根拠を示さないまま、「慰安婦は日本軍の組織的な強制連行による性的奴隷だった」
と断じ、朝日新聞には誤報はなかったかのように弁護している。米国ニュースメディアのこうした日本非難は、事実を無視して、
自分たちの特定の日本観を押しつける対日思想警察のようである。

 日本政府としても自国の首相への不当な誹謗には断固、抗議すべきだろう。

  ・元朝日、植村記者のコメントを紹介するNYT

 ニューヨーク・タイムズは12月4日付の社説で「日本の歴史のごまかし」と題し、「日本では右翼政治勢力が安倍政権に
後押しされて、第2次大戦中に日本軍が何万人もの女性に売春奉仕を強制した恥辱の歴史の一章を否定する威嚇的な
運動を実行している」と論評した。

 同社説はさらに、慰安婦強制連行を否定する日本の動きについて、「この強制連行を、戦争で敵だった側が捏造した
大ウソだとして否定する政治的努力は勢いを増している。歴史修正主義者たちは河野談話での謝罪をも撤回させようと
努めている」と述べた。そのうえで同社説は、「ナショナリスト的熱狂を煽ることを意図する安倍政権は、日本が女性たちを
性的奴隷へと強制徴用したことについての1996年の国連人権報告の修正を求めたが、拒否された」とも記していた。

 同社説はまた「朝日新聞が1980年代と90年代に出した記事の一部を撤回したことに乗じて、日本の右翼が朝日新聞を
攻撃し続けている」として、朝日新聞に誤報記事を書いた植村隆記者の最近の「右翼や超国粋主義者が暴力的な脅しで
私たちを黙らせようとしている」というコメントを紹介した。さらに同社説は結びの部分でも「日本は朝鮮半島やその他の地域で
何万もの女性を強制連行して性的奴隷にしたことを認めた経緯もある。それが歴史的な真実なのだ」と強調した。

 しかし同社説は強制連行の根拠については、「日本の主流の学者の多くと日本以外の研究者のほとんどは、多数の
慰安婦の証言に基づき、この慰安婦制度によってアジア全域で日本軍将兵が女性に性的暴行を行ったことを歴史的真実として
断定している」とだけ述べていた。

  ・ワシントン・ポストは日本の虐待を描く反日映画を紹介

 12月8日付のワシントン・ポストは、同紙コラムニスト、リチャード・コーエン氏による「日本の歴史書き換えの習慣は将来に
影響するか?」という見出しの記事を掲載した。同コラムも、日本の慰安婦問題をめぐる議論について、安倍首相の主導で
事実を歪める「ごまかし」が進行中だと断じていた。

>>2以降に続く)

JB PRESS 2014.12.17(水)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42478

関連スレ多数


2: 2014/12/17(水) 22:44:13.25 ID:???.net

>>1の続き)

 そのコラムには以下のような記述があった。

 「日本は必死で忘れる努力をしている。安倍晋三首相は戦争犯罪者など存在せず、日本は戦争の犠牲者だと示唆している」

 「影響力の強い保守系の報道機関は政府からの激励を得て、日本の戦時中の性的奴隷利用(の記録)をもみ消そうと決意している」

 「日本の一部の重要人物たちもいまや戦争の歴史を書き換えようと意図し、安倍首相の暗黙の同意を得て、朝日新聞に強い
圧力をかけ、日本の戦時の数万人の女性の性的奴隷への強制徴用を暴露した同紙の記事を撤回させた」

 「日本軍が女性を強制連行したという歴史的事実は日本ではフィクションとして糾弾されるようになった。だがその犠牲者はもちろんのこと、
あまりに多数の体験者がそれは事実だと主張している」

 「突然180度逆転するのは日本文化の特徴なのだ。日本はペリーの黒船で突然、鎖国から開国、近代化の道を歩んだ。
第2次大戦の敗北では突然、民主主義へと変身した。いまやこの突然の逆転の不吉な兆しがあり、過去を神話化しようとしている」

 ワシントン・ポストの同コラムは、慰安婦問題だけでなく日本軍の残虐性全般をもテーマとしていた。その関連として、12月25日に
全米で公開されるアンジェリーナ・ジョリー監督の映画「アンブロークン(屈しない)」について詳述していた。この映画は日本軍の捕虜となり
虐待されたという元五輪選手の米国人を主人公とし、日本側の虐待がこれでもか、これでもかと描かれる。同コラムはさらに日本側の
戦時の細菌兵器開発や南京攻略事件などにも触れ、靖国神社はその種の戦争犯罪の象徴だとも断じていた。

  ・「日本の国家指導者は歴史をもてあそぶべきではない」

 ロサンゼルス・タイムズは12月12日付で「日本のナショナリストが慰安婦の歴史の修正を試みる」という見出しの社説を掲載した。
その内容には以下の記述があった。

 「日本軍の特殊な性的奴隷システムによって、朝鮮の女性たちは拉致されたり強制徴用されて、日本軍部隊にセックスを供与することを
強要された。だがいまや日本の一部の右翼ナショナリストたちは、そんなことはまったくなかったと世界を説得しようとしている。これはナンセンスだ」

 「慰安婦に関する歴史の記録は明確である。この性的奴隷システムに強制徴用された女性たちの記憶は明確だからだ。だが真実というのは、
日本の戦時の残虐行為の記憶を抹消しようとする日本のナショナリストたちにとって障害とはならないようだ」

 「このナンセンスは、いまや新たな次元の馬鹿馬鹿しさへと到達した。ナショナリストたちは、朝日新聞と、この性的奴隷制を最初に暴いた
同新聞の記者の1人を攻撃し始めたのだ。彼らは20年も前の多数の記事のうち、たった1つの情報源の捏造をとらえて、朝日新聞が日本の
戦時の行動全体について誤報を流したと主張する。だが、ナショナリストたちによるこの分析は慰安婦だった女性たちの多数の証言を無視している」

 「歴史をごまかすこうしたグロテスクな試みは、安倍晋三首相による日本の過去の記録の再修正の努力を反映している。安倍は日本を
戦争の遺物から解放し、戦後の平和主義的な憲法を再解釈して、中国と対抗する強い軍事国家にしようとしているのだ」

 「歴史に対するこの種の不誠実な態度は、事実をもみ消そうとする不快で軽蔑すべき試みだ。日本の国家指導者は歴史をもてあそぶべきではない」

(更に続く)


4: 2014/12/17(水) 22:44:57.53 ID:???.net

>>2の続き)

 ・3大紙の主張に見られる5つの特徴

 さて、以上のような米国の3大紙の主張にはいくつかの特徴がある。

 第1は、最近の論議の核心となる慰安婦の強制連行問題に関して、日本側、あるいは米側の一部でも確認された「日本軍による
組織的な強制連行の証拠は皆無」という事実を無視して、一方的に強制連行の事実があったかのように断じている点である。
この点の独断専行ぶりは滑稽なほどに子供じみている。

 第2には、その核心の強制連行について具体的な証拠をなにも提示できない点である。3紙の主張のいずれもが、その最大の
論拠のように指摘するのは、「慰安婦だった女性たちの証言」である。だが女性たちの証言には具体性が乏しいだけでなく、
日本軍全体としての組織的な強制連行の有無を判断する客観性が皆無である点も無視されている。

 第3は、安倍晋三首相への根拠のない非難である。この非難は「誹謗」と呼んでもよい乱暴な次元にまでエスカレートしている。
安倍首相が今回の朝日新聞の誤報訂正を実現させたような記述には、論拠は示されていない。安倍首相が戦争の歴史を
すべて修正するために各方面に指令を出したかのように記述されているが、事実の裏づけはない。

 第4は、3紙の評論のいずれもが「右翼」「ナショナリスト」「修正主義」など意味の不明なレッテル言葉を過剰に使っている点である。
こうした用語は非民主主義、反動、軍国主義、ファッショなどという悪辣で負の印象だけを投射する。慰安婦問題での日本への
濡れ衣を事実関係の解明で晴らそうと試みる者はすべて「右翼」「国粋主義者」と一括りにされるのだから、かなわない。

 第5には、どの評論も朝日新聞の慰安婦報道での大誤報を軽視、あるいは無視している点である。朝日新聞が虚構の
吉田清治証言を事実として報じ、長年にわたり、虚構の上に虚構を重ねてきた歴史の重みは一切無視されているのだ。
そしてまったく逆に、朝日新聞の慰安婦報道が真実であったかのように提示するのである。

  ・GHQをも連想させる高圧的な目線

 ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズという3紙の主張をこうして眺めてみると、そこに浮き上がるのは
限りなく高圧的で傲慢なスタンスである。日本人の思考や思想は自分たちの指示に従うべきだとさえ響く思想警察ふうの
態度だとも言える。占領時代の連合軍総司令部のGHQの機能さえ連想させると言っても過言ではない(ただし、こうした態度が
いまの米国全体のそれではないことは強く付記しておくべきだろう)。

 慰安婦問題に対して米側は当初はあくまで「日本軍の組織的な強制連行」を糾弾し、日本の国家あるいは政府としての
戦時行動の犯罪性を追及していた。だが、いまのこの3大紙の主張は証拠や事実を無視して、問題の焦点をずらし、
日本側の事実解明の努力を単に「右翼」というような侮蔑的用語でののしっている。

 その種の傲慢な攻撃は、日本の民主主義的な手続きで選出されている首相にまで浴びせられる。
 「一体、何様のつもりなのか」とはまさにこういうケースを指すのだろう。

(おしまい)

続きを読む
posted by 中島 at 07:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 戦時売春婦
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。