テレビ - 売国情報ちゃんねる

Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2016年12月20日

フジテレビ記者 暴力団関係者に利益供与か

1: 2016/12/19(月) 17:54:07.90 ID:9601dFxF0 BE:609257736-2BP(5000)

フジテレビの30代の記者が、知り合いの暴力団関係者からの依頼に応じて、高級車の購入について名義を貸すなど利益供与をした疑いがあることが、
関係者への取材でわかりました。警視庁もこうした情報を把握していて、事実関係を調べることにしています。関係者によりますと、フジテレビは19日夜にも公表する方針だということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161219/k10010812321000.html


2: 2016/12/19(月) 17:55:20.67 ID:ZirSlveD0

落ちこぼれたな


3: 2016/12/19(月) 17:55:53.77 ID:/tPixXUOO

893→在日
ウジ→在日

半島でやれ


4: 2016/12/19(月) 17:57:10.87 ID:GENRxXri0

盗撮映像放送する局だし

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2016年09月24日

NHK会長、受信料値下げ検討指示 幹部らに強く求める

momii001.jpg
1: 2016/09/24(土) 00:30:59.63 ID:CAP_USER9

 NHKの籾井勝人会長(73)が、理事ら幹部が出席する20日の会議で「来春からの受信料値下げが可能かどうか検討してほしい」と指示していたことがわかった。今後、理事らを中心に値下げの時期や下げ幅などについて検討を進める。

 関係者によると、籾井氏の指示に対して一部の理事は「3%(月額約40円)程度なら可能」とする一方、「収支の先行きが不透明」「来春の実施は時間的に無理」など反対意見も多く出た。籾井氏は「来秋や再来年春では可能かも考えてほしい」などと、検討を強く求めたという。

(以下略 全文はリンク先で)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160924-00000002-asahi-soci


2: 2016/09/24(土) 00:31:44.85 ID:WJMLJGpD0

>>1
おせーよ


3: 2016/09/24(土) 00:32:10.75 ID:pt9AtsQG0

いいぞモミー


4: 2016/09/24(土) 00:32:25.30 ID:LTCQYFw90

>>1
半額以下に下げないと意味無い

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2016年09月21日

【NHK】問われる「受信料」の在り方、見合った『放送』

nhk01.png
1: 2016/09/19(月) 21:52:15.17 ID:CAP_USER9

問われる「受信料」の在り方、見合った『放送』
エコノミックニュース?9月17日(土)8時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000016-economic-bus_all

 「ワンセグも受信料を頂くことを主張している」(NHK・籾井勝人会長定例記者会見で)。さいたま地裁がワンセグ付き携帯電話について受信料を払う必要がないとしたことに控訴している。東京高裁がどう判断するのか。

 籾井会長も「どういう判断になるのか、その結果として、次のステップが決まってくる」とする。

 さいたま地裁がワンセグ付き携帯電話は受信料を払う必要がないとしたのは「携帯電話の所持は放送法上の受信機設置にあたらない」との判断。

 一方、NHKは「ワンセグ機能付きの携帯電話やカーナビを所有していれば、受信料を支払う義務が生じる」と主張する。

 そんな中、13日、新たに『ネット視聴にも受信料』が提起された。NHK経営委員会の石原進委員長が「インターネット配信にもお金がかかる。『公共放送』を維持していくには何らかの形で『受信料を頂くのは当然必要』になる」と語った。

 パソコンやスマートフォンでの視聴が本格化すれば、石原委員長の発言が現実に動き出すようだ。

 高市早苗総務大臣は16日の記者会見で、NHKのネット配信に対する受信料の在り方については「総務省として、現時点でネット視聴に受信料を課すといった方向性や方針は何ら決めていない」と答えた。

 その一方で「放送を巡る諸課題に関する検討会の第一次取りまとめでは、インターネット活用業務の財源の在り方について、受信料制度の中での位置づけも含め検討していくことが必要とされている。引き続き検討会で議論を行っていただく」と答え、何らかの形で受信料が発生する可能性は高いとみられる。

 ワンセグ付き携帯電話にも受信料契約に、ネット上では「スクランブルをかけられるのに、押し売り状態だ」「見る、見ない、選択できるようにしてほしい」「水道・ガスは払わなければとめられる。それと同じでいいじゃないか」「NHKの放送を見ない人にまで、見ている人と同等の負担を強いるな」「NHKも止められたら困るくらいの番組をつくってくださいな」「ニュース以外放送無くてもよい」など、受信料の在り方への不満や番組編成を含めた問題指摘が相次いでいる。

 高市総務大臣は「放送を巡る視聴環境の変化を踏まえながら、受信料制度を含めた今後の公共放送の在り方について、ネット配信を含めた業務・受信料・経営の三位一体で改革を進めていくことが必要と考えている」と記者団に答えた。

 国民にとって情報入手の方法は今や多岐にわたっている。NHKが公共放送として存在し続けるなら、時代の変化に則したものになるよう、その存在価値を発揮するステージがどこなのか、スポンサーや広告代理店の圧力に左右されず、中立公正・不偏不党の視点で、政治に鋭く切り込む番組づくりや日々の報道にこそ、最も期待されている部分があるのではないか。

 受信料を考えるベースには「公共放送の在り方」について、NHK自ら日々の報道、番組の中で示し続けていくことが大事だろう。「NHKも止められたら困るくらいの番組をつくってくださいな」。こんな声があることを受け止めるべきだろう。そこから取り組む方向性がみえてくるのではないか。「受信料」という「負担金」に相応しい番組づくり、報道での切り込みこそ、受信料に理解を得られる道だろう。(編集担当:森高龍二)


2: 2016/09/19(月) 21:53:14.57 ID:s/w3EJQu0

選択の自由が無いなんて法律がオカシイ


3: 2016/09/19(月) 21:53:14.95 ID:tled4Oaz0

スクランブルかければええ。
どうぞご勝手に。


12: 2016/09/19(月) 21:55:53.37 ID:5FbI9MSy0

>>3
それを避けているよな、NHKと政治家。
いまだ、奴らから聞いた事がない。

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2016年09月20日

視聴率壊滅のフジ、来年ドラマのキャスティング難航が深刻…芸能事務所が出演渋る

uriterebi.png
1: 2016/09/18(日) 19:34:35.72 ID:CAP_USER9

近年、視聴率低迷で窮地に立たされているフジテレビだが、その看板枠である毎週月曜夜9時台の連続テレビドラマ、いわゆる“月9”にも不穏な空気が漂っているという。
かつては出演枠をめぐり、大手芸能事務所による争奪戦が行われていたが、現在では「毎度キャスティングに難航している有様」(テレビ局関係者)だという。

「各局はすでに来年の番組の調整に入っていて、1月期の月9主演は竹野内豊でほぼ内定しています。
しかし、それ以外のキャストがなかなか決まらない状況で、今年10月期も同様でしたが、はっきり言ってしまうと誰も出たがらないんですよ」(同)

今年の月9は特に悲惨で、まず1月クールの『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が全話平均視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となり、
月9史上最低を記録。ところが、次の4月クールの『ラヴソング』では同8.5%とさらに下回り、あっという間に史上最低を更新してしまった。

「これによって、『いつ恋』主演の有村架純や高良健吾、『ラヴソング』の福山雅治にも“低視聴率主演”のレッテルが貼られてしまった。
こんなことが続けば、事務所側が自社に所属する大切な俳優を出演させることに二の足を踏むのは無理もありません。
フジはなんとか挽回しようと、現在放送中の『好きな人がいること』には主演の桐谷美玲のほか、
山崎賢人や三浦翔平、野村周平など若者に人気のイケメン俳優をこれでもかと投入。
しかし、そのわりには数字が追いつかず、9月5日放送の第8話では7.7%にまで転落。
12日放送の最新話で9.4%に盛り返したものの、同話では桐谷や山崎が副音声企画に出演していたため、その効果に過ぎません。
むしろ、もはやドラマ本編で勝負できなくなっていることを印象づけてしまいました」(同)

そのような状態の月9ゆえに、来月スタートの『カインとアベル』に関しても紆余曲折あったという。

「主演のHey!Say!JUMP・山田涼介は、フジとジャニーズ事務所の関係もあってわりとすんなり決まっていましたが、ヒロイン役の決定に至るまで二転三転していたんです。
人気の若手女優の名前も挙がっていたのに、立て続けに2人に断られてしまった。それだけ月9を警戒しているということでしょう。
最終的に倉科カナで落ち着いたそうですが、数字次第では出演を決めたのを後悔することになるかもしれません」(同)

フジとしては山田の力で10月クールを盛り上げたいところだろうが、万が一スタートでつまずこうものなら、“キャスティング難”はより深刻さを増しそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1198117/
2016.09.18 17:30 ビジネスジャーナル


2: 2016/09/18(日) 19:35:19.81 ID:95HzD1eS0

おまえら出てやれよ


4: 2016/09/18(日) 19:35:34.95 ID:Ekp89I6p0

嫌なら出るな。


5: 2016/09/18(日) 19:35:36.98 ID:Uf2lhz7L0

嫌だから見ない

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2016年09月13日

「ワンセグ携帯に受信料を主張し控訴」NHK会長

momii001.jpg
1: 2016/09/12(月) 10:53:33.68 ID:CAP_USER9

http://economic.jp/?p=65943

 NHKの籾井勝人会長は9月の定例記者会見で、さいたま地裁がワンセグ付き携帯電話については受信料払う必要がないとする判決に「東京高裁に控訴した。お支払いいただくことを主張している」と語った。

 籾井会長は「東京高裁で、どういう判断になるのか、その結果として、次のステップが決まってくると思う」と記者団に答えた。

 さいたま地裁は8月26日、ワンセグ付き携帯電話について「携帯電話の所持は放送法上の受信機設置にあたらない」との判断を示し、受信契約を結ぶ必要はないとした。

 一方、NHKは「ワンセグ機能付きの携帯電話やカーナビを所有していれば、受信料を支払う義務が生じる」との見解を示している。

 総務省の高市早苗大臣は2日の会見で「総務省としては訴訟の推移を見守ってまいりたい」としながらも「総務省として、『受信設備を設置する』という意味を『使用できる状態にしておくこと』と規定した日本放送協会放送受信規約を、昭和37年3月30日に認可しているので、従来から『ワンセグ付き携帯など携帯用受信機も、この受信契約締結義務の対象』と考えている」と省の見解を示し、NHKと同じ解釈にあることを明確にしており、高裁が地裁判決を支持した場合、総務省、NHKがどう対応するのか、注視されている。


2: 2016/09/12(月) 10:54:07.13 ID:wBGXsWOZ0

※NHKは、韓国KBSの日本支局です


13: 2016/09/12(月) 10:57:10.43 ID:vcK67ELS0

>>2
中国CCTVじゃね?


4: 2016/09/12(月) 10:54:41.02 ID:ipKK40CS0

頭おかしいね

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2016年09月12日

社運かけても視聴率1%台?フジテレビ”15時間生放送”終焉の舞台ウラ

uriterebi.png
1: 2016/09/10(土) 17:29:08.38 ID:CAP_USER9

フジテレビの迷走が止まらない。亀山千広社長(60)自らが打ち出した「15時間生放送」体制が、早くも撤回となったのだ。

「『ごきげんよう』や名物の昼ドラマを打ち切り、
午前4時の『めざましアクア』から午後7時の『みんなのニュース』まで15時間生放送にすると異例の編成にしたのが今年4月のことでした。
『テレビの魅力はライブ感。15時間が生放送だと何かニュースが飛び込んだ時に即応性がある』と亀山さんも気を吐いていたのですが、
先日行われた10月改編で突然、15時間生放送の枠組みは取りやめに。どこを目指すのか振り出しに戻った」

とは、フジテレビ関係者。一大プロジェクトはわずか半年でとん挫したというのだ。

今回、打ち切りの対象となったのは、平日午後3時50分からはじまる3時間番組『みんなのニュース』だ。この番組の4時台が丸ごと1時間削減され、
ドラマの再放送などを放送する1時間枠『メディアミックスα』を立ち上げた。
ドラマの再放送やBS、CS、配信と連動する番組だというが、なぜ半年で方向転換する時点となったのか?

■「演出も連携もまるでダメ」

前出のフジテレビ局員が明かす。

「予算がかかる割に、視聴率がさっぱり獲れないのが原因です。イケメンタレントを毎日ゲストに入れたり、ニュース解説の担当者を、
特殊技術で縮小させ、生野陽子キャスター(32)の肩の上で目玉おやじようのような状態でニュース解説させる奇妙な演出をしていましたが、
9月5日の視聴率は2.4パーセント。ひどいと1パーセントをとるなど数字は本当に悲惨な状態でした」

また、番組の迷走以外にも理由があると、別の関係者は説明する。

「『みんなのニュース』は報道局が制作し、その前の『直撃LIVE グッディ!』はワイドショーを制作する情報制作局が作っています。
2つの部局はすり合わせをしないので、同じニュースが放送されることがあります。これは、視聴者にはたまりませんよね」(放送作家)

面子丸つぶれとなった亀山社長。フジテレビの凋落はいよいよ危険水域に達している。

http://dailynewsonline.jp/article/1193613/
2016.09.10 17:05 デイリーニュースオンライン


3: 2016/09/10(土) 17:30:15.02 ID:iTFOEP51O

8チャンネルはいつしか恥チャンネルに


38: 2016/09/10(土) 17:43:14.38 ID:0j1uIn5f0

>>3
これなかなかキャッチャーな煽りだな

ぜひいろんな所で使ってはやらせてくれ


7: 2016/09/10(土) 17:32:38.59 ID:WnKHvvBVO

フジ「嫌なら見るな」
視聴者「はい、見ません」

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2016年09月11日

総務省、NHK改革に意欲 「業務、受信料、経営の在り方を三位一体で」

1: 2016/09/09(金) 21:23:53.54 ID:CAP_USER9

総務相、NHK改革に意欲

「受信料など三位一体で」
http://this.kiji.is/146921358849590778?c=39546741839462401


 高市早苗総務相は9日、放送メディアの課題を議論する総務省の有識者検討会に出席し、
「NHKの業務、受信料、経営の在り方を三位一体で改革することが重要」と述べ、受信料制度を含めたNHK改革に強い意欲を示した。

 この日は、インターネット時代の放送メディアの課題などが正式に取りまとめられた。
高市総務相は「問題点が明確になった。場合によっては相当思い切った改革の議論も出てくると思う。私自身、NHKの改革は非常に大きな位置付けで捉えている」と話した。

 検討会では、ローカル局の在り方などを話し合う分科会が設置されることも決まった。


2: 2016/09/09(金) 21:24:11.19 ID:cc2mBaoA0

解体すればいいんやで


3: 2016/09/09(金) 21:25:26.81 ID:C6kTrGNb0

改革の数だけ天下り先が生まれる


4: 2016/09/09(金) 21:25:57.04 ID:sD/t/chy0

生まれて初めて、総務省頑張れって思ってしまったわ。

続きを読む
posted by 中島 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
Powered by BlogRing