経済 - 売国情報ちゃんねる

2016年08月30日

シャープ戴社長「ジャパンディスプレイと組みたい。日の丸連合をつくろう」

1: 2016/08/29(月) 17:28:33.21 ID:ES2M9ADf0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

 シャープの戴正呉社長は29日、日本経済新聞などの取材に応じ、次世代ディスプレーとして期待される有機ELパネルについて、
液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)と共同開発したいとの考えを明らかにした。有機ELは韓国勢が先行している。
戴社長は日本の技術者を結集して、「日の丸連合」で対抗すべきだとの認識を示した。

 戴社長は「中国、韓国勢と競争できるよう協業し、日の丸連合をつくろう」と述べ、共同開…
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29H36_Z20C16A8EAF000/


2: 2016/08/29(月) 17:29:30.65 ID:Q5sM4zAZ0

おまえは日の丸じゃないだろ


3: 2016/08/29(月) 17:29:50.34 ID:QmReKxxj0

日の丸連合????


4: 2016/08/29(月) 17:30:20.00 ID:eIsArH6K0

台湾日本化

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年08月26日

PCデポ、電話・DMで利用状況把握 高額解約料の批判受け

1: 2016/08/25(木) 21:42:01.65 ID:CAP_USER9

 パソコン専門店のピーシーデポコーポレーションは25日、サポートサービスの解約料が10万円程度になることもあるなど高額批判が相次いだ問題で、
追加の顧客対応策を発表した。既存会員40万人に9月初旬からダイレクトメールと電話で現在の利用状況を確認する。
店舗には相談窓口を設置する。過剰なサービスを推奨していた事例も明らかになっており、適切な契約へ見直しを進める。

 問題となったのはパソコンの初期設定やウイルス対策、データ保存などをまとめて提供する「プレミアムサービス」。
店舗には相談カウンターを設置し、専任スタッフが直接確認する。カウンターを設置できない店舗はテレビ会議システムで対応する。

 PCデポは高額な解約料への批判を受けて今月17日に既存会員は年齢を問わず、新規契約者については70歳以上は加入後3カ月、
75歳以上はいつでも解約料を無料にするよう是正した。来店客は数パーセント減少したが、大きな解約の動きは出ていないという。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25HWW_V20C16A8TJC000/


4: 2016/08/25(木) 21:43:25.68 ID:GiWI1f+20

20万の衝撃は並やないね


5: 2016/08/25(木) 21:43:33.52 ID:kY7/p75j0

一旦すべてのサポート契約を解除しろよ


7: 2016/08/25(木) 21:44:22.16 ID:mhzKZZEh0

40万人

弁護士さん出番でっせ

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

日産、非常事態…突然に売上も利益も販売台数も同時激減…国内シェア1ケタ台転落で崖っぷち

gonn.jpg
1: 2016/08/25(木) 21:23:59.42 ID:CAP_USER9

 燃費不正問題で国内販売が苦戦に陥った三菱自動車工業は8月1日、軽自動車の生産拠点である岡山県・水島製作所の従業員163人を、資本提携先の日産自動車の子会社・日産車体九州に派遣した。派遣は1年間の期間限定である。
 派遣するのは、すべて軽自動車を担当している従業員。日産車体九州では、大型ミニバンの組み立てラインなどに配置された。

 水島製作所は燃費不正問題を受け、不正の対象となった軽自動車の生産ラインを4月20日から7月3日まで停止し、この間、軽自動車を担当する約1300人が自宅待機となった。
7月4日に生産を再開したが、スリーダイヤ・ブランドのイメージ悪化を受けフル稼働には戻っていない。
 日産が、三菱自の救済策として人員の受け入れを表明したわけだ。三菱自の子会社で、樹脂部品を造る岡山・水菱プラスチックも、8月1日から15人を日産の神奈川・追浜工場に半年間派遣した。
 三菱自は燃費不正問題発覚後の5月25日、日産と資本業務提携を締結。日産の傘下に入ることを正式に決めた。
日産は8月末までに三菱自の資産査定を終え、10月に第三者割当増資を引き受ける。
日産は2373億円を三菱自に出資し、議決権ベースで34%の株式を握り筆頭株主となる。

 今回の提携では、日産のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)は救世主のように振る舞い、三菱自の益子修会長兼社長は「ウイン・ウインの関係」と力説し、ゴーン氏の発言や行動をすべて追認するような態度を見せてきた。
救世主の日産が、稼働率が落ち込んでいる三菱自の雇用を維持するために「人員の派遣を要請する」かたちにしたわけだ。

■燃費不正の影響で三菱自は赤字、日産は減益

 三菱自の2016年4〜6月期連結決算の売上高は、前年同期比14%減の4287億円、営業利益は75%減の46億円、最終損益は1297億円の赤字(前年同期は239億円の黒字)だった。四半期決算で最終赤字は10年4〜6月期以来6年ぶりのことだ。
 燃費不正があった軽自動車の販売を中止したため、国内の新車販売台数は44%減の1万台に落ち込んだ。
中国やロシアでの販売も振るわず世界販売台数は16%減の22万1000台にとどまった。
 顧客や取引先への補償・賠償などで、通期で1500億円の特別損失が出ると想定している。このうち1259億円を4〜6月期に前倒しして計上した。

 一方、日産も16年4〜6月期決算は減収・減益に沈んだ。売上高は8%減の2兆6544億円、営業利益は9%減の1758億円、純利益は11%減の1363億円だった。
 三菱自と共同開発した軽自動車デイズシリーズの生産・販売の停止が大きかった。日産の4〜6月期の国内の新車販売台数は25%減の9万台に落ち込んだ。
国内シェアは前年同期の11%から8%の1ケタ台へ転落。通期で58万台とする国内販売目標の達成に赤信号が灯った。
 
つづく

http://biz-journal.jp/2016/08/post_16448.html


2: 2016/08/25(木) 21:24:15.25 ID:CAP_USER9

>>1
■インドネシアで多目的スポーツ車の販売を強化

 三菱自は8月2日、燃費不正問題を受けて設置した特別調査委員会が提出した報告書を公表した。
05年に、燃費測定方法が法規に従っていないとの指摘を新入社員から受けたが、改めなかったことが明らかになり、自浄作用が働かない経営体質が再び浮き彫りになった。
 そんな隠蔽体質は簡単に改まるとは思えない。それなのに、なぜ日産は2373億円も出して三菱自を傘下に収めたのか。ゴーン氏にははっきりとした狙いがある。
共同開発した軽自動車デイズとデイズルークスは、日産の国内販売の4分の1を占める。三菱自が経営破綻する事態になれば、日産は深刻なダメージを受ける。
 三菱自からOEM(相手先ブランドによる製造)供給を受けていた軽自動車の生産拠点を獲得し、自前の軽自動車をつくるために救済に乗り出したという見方が一般的だ。
だが、もっと大きな狙いは、三菱の自動車を東南アジアで販売している三菱商事の販売網に日産製の自動車を乗せて売ってもらうことだ。

 ゴーン氏は「三菱グループの力を活用したい」とはっきり言っている。三菱商事が40%出資する三菱自のインドネシアの新しい工場が17年に稼働する。
東南アジアで売れ筋の小型多目的車を、日産ブランドで生産するプロジェクトを練っているともいわれている。

 世界販売台数1000万台を目標にする日産にとって、三菱商事の販売網は喉から手が出るほど欲しいところだ。
三菱商事とのパイプをつなぐためには、三菱商事出身の益子氏を引責辞任に追い込むのは得策ではないと判断し、続投させることにした。
10月に日産の出資が完了しても、益子氏は要職に残ることになるとの見方もある。
もし、益子氏が退任する場合には、6月24日の株主総会後に副社長へ昇格した白地浩三氏が社長候補として最有力といわれている。その白地氏も、三菱商事の出身だ。

 三菱自は、販売台数の9割以上がアジアなど海外で、国内への依存度は低い。つまり、再生の切り札は東南アジアにある。
 益子氏は8月10日、インドネシアのジャカルタで開いた記者会見で、18年度をメドにインドネシアで乗用車を扱う販売店を現在の1.8倍にあたる140店に増やすことを明らかにした。
17年春に現地で新工場を稼働するのに合わせ、多目的スポーツ車(SUV)や小型多目的車(MPV)の販売を強化する。
 国内の苦戦は長期化するとみられ、収益の柱である東南アジアでの基盤を固めるしかない。
ゴーン氏と益子氏の狙いは一致している。すなわち、合言葉は「東南アジア」である。

おわり

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年08月25日

セブンイレブンの成長に陰り、新店舗の売上激減で商品一斉大幅値上げへ

seven001.gif
1: 2016/08/23(火) 10:16:21.62 ID:CAP_USER

http://biz-journal.jp/2016/08/post_16417.html

コンビニエンスストアの“勝利の方程式”が揺らいでいる。
 勝ち組とされてきたコンビニの2016年3〜5月期決算が減速した。個人消費にデフレ色が強まったことが背景にある。
 セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社は、チェーン全店の総売上高では過去最高だったが、
本業の儲けを示す営業利益はセブンがわずかに増益、ローソンとファミマは減益となった。
 セブンは、淹れたてコーヒーの「セブンカフェ」や主力の弁当・おにぎりの販売が好調で、チェーン全店売上高は前年同期比5.4%増の1兆1003億円、
営業利益も0.4%増の583億円で、いずれも3〜5月期で過去最高となった。しかし、営業利益は前年同期の5.1%増から伸び率は大きく鈍化した。
 ローソンは、チェーン全店売上高が日販商品の拡充と出店効果によって3.2%増の4958億円と過去最高を更新した。
だが、営業利益は8.8%減の174億円。店舗の改装費や加盟店支援の経費などが増加した。
 ファミマは、チェーン全店売上高は5.9%増の5177億円と、これまた過去最高。しかし、営業利益は5.9%減の104億円。
昨年12月に吸収合併したココストアのファミマへの看板の掛け換え費用など出店費用がかさみ営業減益となった。
 コンビニ大手3社は、激しい出店競争を繰り広げた結果、チェーン全店売上高はいずれも過去最高を更新した。
一方で出店増が営業利益の増加には結びつかなかった。新規出店=営業増益という勝利の方程式が揺らぎ始めたということだ。

セブンとローソンは平均日販が前年割れ
 コンビニの実力を示す指標に、「平均日販」と「既存店売り上げの伸び率」がある。平均日販とはコンビニの1日当たりの平均売上高のことだ。
 一強といわれてきたセブンに異変が生じた。全店の平均日販は64万5000円で、前年同期より3000円減った。
このうち新規出店した店舗のそれは52万7000円で、前年同期より1万8000円の大幅減となった。
 既存店売上高は1.7%増とプラスだったが、前年同期の3.5%増から1.8ポイント下がった。客数の伸びはゼロだった。
独走状態だったセブンの成長が明らかに鈍化してきた。
 セブンは15年1月からドーナツの販売を始めた。「17年2月期に6億個(600億円)」という目標を掲げた。1店舗当たりに換算すると、1日100個の売り上げになる。
ドーナツによって、日販で1万円上乗せできるとソロバンを弾いていたのだ。


 ところが、セブンのドーナツの売り上げは伸び悩み、今年1月にはドーナツの全面刷新に踏み切った。
コーヒーの大ヒットで平均日販を70万円台に乗せたこともあったが、淹れたてコーヒーに続くヒット作がなかったことが、平均日販の前年実績割れを引き起こした。
 ローソンの全店の平均日販は52万8000円で、前年同期より4000円減った。新規出店した店は50万5000円で同7000円のマイナスだ。
既存店売上高は1.0%のマイナス。前年同期の0.4%増から、前年割れに沈んだ。客数も0.8%減った。
 これに対してファミマの平均日販はプラスに転じた。全店の平均日販は51万4000円で、前年同期より7000円の増収だ
。新規出店した店は50万8000円で2000円増えた。
 新規出店の平均日販ではファミマがローソンを上回り、セブンとの差も縮まった。製法や素材を見直して品質を高めた冷やし麺やサンドイッチが牽引し、
既存店売上高は1.1%増えた。だが、ファミマも客数は1.6%減った。
 3〜5月期決算で特徴的なことがある。3社の新規店舗の平均日販が急接近してきているのだ。ファミマの健闘が目立ち、セブンの優位性がなくなってきた。


2: 2016/08/23(火) 10:16:28.48 ID:CAP_USER

ローソンは値下げを断行
 総務省の6月の家計調査によると、全世帯(2人以上の世帯)の消費支出は26万1452円となり、前年同月に比べて実質2.2%減少した。
減少は4カ月連続。勤労者世帯の1世帯当たりの消費支出は実質で5.1%減少。2カ月連続で前年同月を下回った。 総務省は「消費の弱い動きがみられる」と基調判断を据え置いた。
 消費者の節約志向が鮮明になり、デフレ脱却の道筋が見えなくなってきた。それどころか、一段とデフレ色が強まったといえるかもしれない。
 それに合わせた当然の動きとして、価格の引き下げが起きている。長らく定価販売のビジネスモデルで成長してきたコンビニだが、
デフレ時代に対応するため値下げを決断した。
 先陣を切ったのはローソン。6月末に地域別価格を導入し、飲料や調味料、洗剤など90品目を対象に、全店舗の75%に当たる9000店舗
で地域ごとに異なる価格を設定した。
 コンビニは店舗ごとにオーナーがいるため価格に差をつけることは難しく、全国どこの店でも同じ値段が当たり前だった。
ローソンはこの原則を崩したことになる。
 店舗数が増え続けるドラッグストアでは、クスリのほかに加工食品や生鮮食品の安売りで客数を伸ばし、
食品スーパーも利益度外視の目玉商品や特徴ある商品を用意している。「コンビニは食品スーパーより高い」というのが消費者の一般的な受け止め方だ。
その固定観念を打ち破り客足を戻す試みが、ローソンの地域別での値下げ販売だ

セブンは逆に値上げで勝負
 コンビニの王者セブンはどう出るのか。セブンは14年5月末までに弁当やおにぎり、総菜など主力の中食の600品すべてを刷新した。
実質値上げした商品も多い。消費増税のタイミングで、値上げしやすかったことも要因だ。
 いったん値上げしたものを一転して値下げすれば、加盟店の経営を圧迫する。そのため、セブンは値下げできないといわれてきた。
 8月13日付日本経済新聞記事によると、セブンはプライベートブランド(PB=自主企画)の冷凍食品のハンバーグなど60品目を刷新するという。
中心価格は、従来より100円高い200〜300円に引き上げる予定だ。
 中心価格帯100〜200円の商品が100円値上がりするということは、1.5〜2倍になるわけだ。顧客は、この大幅値上げに納得するのか。
また、ほかのコンビニにもシフトするのかに注目したい。
 いずれにせよ、セブンは消費者が飛びつくような、淹れたてコーヒーを凌ぐ大型商品を出せるかどうかにかかっている。
(文=編集部)

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

日産ミニバン「セレナ」 高速道で自動走行 国内メーカーで初搭載 291万円から 頑張った値段かな?

1: 2016/08/24(水) 12:58:57.53 ID:KAKc8rfY0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

日産自動車は24日、主力ミニバン「セレナ」を6年ぶりに全面改良し、国内で発売した。高速道路の単一車線で自動走行できる機能
を国内メーカーで初めて搭載した。渋滞時などに運転者の負担を軽減できる。日産は普及価格帯のファミリーカーに最先端技術をつぎ込むことで、
低迷する国内販売をテコ入れする。

セレナに搭載した自動運転技術「プロパイロット」はフロントガラスの内側に取り付けたカメラで前方車両との距離や車線内の車両の位置を計測する。
カメラの情報をもとに電子制御装置が運転手に代わって車両を操作し、前方車両に追随したり、車線に沿ってカーブを曲がったりできる。
プロパイロットを標準装備した限定モデルの価格は291万6千円から。

高速道路の単一車線で一定の条件を満たした場合に限られるものの、国内メーカーで初めてアクセルとブレーキ、ハンドル操作の全てを自動にした。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ24H1G_U6A820C1000000/?n_cid=NMAIL001

発売開始された日産自動車の新型「セレナ」(24日午前、横浜市西区)
no title


2: 2016/08/24(水) 13:00:03.96 ID:SyEU3p6p0

高えよ


3: 2016/08/24(水) 13:01:15.06 ID:H67DRuXE0

自動運転中の責任日産がかぶるなら安いね


6: 2016/08/24(水) 13:02:05.22 ID:KKFiOgs/0

値段も対して変わらないのに自動走行とか怖すぎ
ダイハツのスマアシ2体感してるけどあれもよく誤認識でピピピなったりするしカメラセンサーは信用できんわ
もっと300万くらいかけて作れよ

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年08月24日

日産・GT-R次期型は650馬力で2020年の東京五輪デビュー!? これはカッコ良すぎますわ

1: 2016/08/23(火) 11:04:00.20 ID:sgVtg8NA0 BE:545162937-BRZ(10500)

日産・GT-R次期型は650馬力のハイブリッドで東京五輪デビュー!?
http://clicccar.com/2016/06/28/382088/

日産は2016年3月のニューヨークモーターショーでR35『GT-R』改良新型を発表しましたが、次期型となる「R36」
に関するレポートが欧州エージェントから届きました。

no title


エクステリアは2014年に公開された『2020ビジョンGTグランツーリスモ』コンセプトの意匠を継承しているようです。

確定デザインではないようですが、「Vモーション」とLEDヘッドライトを組み合わせたフロントマスクの可能性は
高いと言えそうです。

注目のパワートレインは、2016年デトロイトモーターショーで公開された次世代3リットルV型6気筒ツインターボ
エンジンと、プラグインハイブリッドシステム「R-ハイブリッド」を組み合わせ、最高馬力は650psを叩き出すと
いう情報が入っています。

ワールドプレミアは東京オリンピックで盛り上がる2020年が有力です。


3: 2016/08/23(火) 11:06:08.37 ID:ELKduunX0

買えないからどうでもいい


4: 2016/08/23(火) 11:07:24.76 ID:2WUO/HfL0

本体価格 25,000,000


5: 2016/08/23(火) 11:10:20.82 ID:8pVFGdd50

901運動以降以降秀逸なデザインは無くなった
悲しいな

続きを読む
posted by 中島 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年08月23日

シャープ、大規模なリストラへ

sharp_logo.png
1: 2016/08/23(火) 11:23:59.58 ID:CAP_USER9

シャープは黒字水準までビジネスをより戻し、消費者電化製品としてのブランドへの信頼を回復するため、大規模なリストラに踏み切る。インターファックス通信が報じた。

シャープは台湾の鴻海精密工業によって買収され、次期社長には同社のタイ・イエンヴー氏が就任する。

タイ氏は「シャープのリーダーとしての私のミッションは減速ぬきでこの会社をより良い状況へと転換させること」と語り、リストラは必要、人員削減に及ぶだろうとしている。

鴻海精密工業は4月、シャープと買収契約合意を締結。3890億円を出資し、シャープの経営権を握った。

http://jp.sputniknews.com/business/20160823/2677076.html


3: 2016/08/23(火) 11:24:43.41 ID:Cv/MzJjC0

中間管理職は全員首だな


5: 2016/08/23(火) 11:25:00.94 ID:bg2SBd2O0

給与カットしないって言ったやないかーい!


17: 2016/08/23(火) 11:27:24.07 ID:OZ2zhFal0

>>5
人員削減するから給料カットはないかと

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 経済
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。