経済 - 売国情報ちゃんねる

2016年09月04日

ソフトバンク、超危険な経営状況…巨額買収連発で莫大な減損リスク、有利子負債は12兆円

1: 2016/09/04(日) 10:38:37.77 ID:CAP_USER9

 ソフトバンクグループ(G)は、英半導体設計専業のアーム・ホールディングス(HD)の買収を9月5日に完了する。
買収額は3兆2000億円。アームHDはソフトバンクGの完全子会社となり9月6日に上場廃止となる。

 ソフトバンクGの孫正義社長は、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(モノのインターネット)時代の覇者を目指す。
 買収を発表した翌日の7月19日、ソフトバンクGの株価は一時、前営業日(7月15日)比678円(11.3%)安の5329円まで売られ、2012年10月12日以来の下落率となった。
孫氏の“お家芸”である巨額買収に、市場は強い懸念を示したわけだ。

 その後、ソフトバンクGの持ち分法適用会社である中国電子商取引最大手、アリババ集団の16年4〜6月期の決算が好調だったことを手掛かりに株価は反転した。
アリババ集団の売上高は前年同期比59%増、営業利益は71%増と市場の予想を大きく上回った。
決算発表を受けて、8月11日のニューヨーク株式市場でアリババ集団の株価は一時、6.3%上昇した。
その流れが波及したかたちで、ソフトバンクGの株価は6500〜7000円の高値圏で推移している。

■アリババ集団が時の氏神

 ソフトバンクGの16年4〜6月期の連結決算(国際会計基準)の売上高は前年同期比2.9%増の2兆1265億円、営業利益は微増の3192億円、純利益は8.9%増の2723億円だった。
 営業利益が横這いにとどまったのは、米携帯事業会社、スプリントの営業利益が435億円と35%減に落ち込んだことが響いた。
 アリババ集団株式の売却益が純利益を押し上げた。4〜6月期に2042億円の売却益を計上した。売却益がなければ純利益は681億円となり、73%の減益になった勘定だ。
 アリババ集団への出資比率は16年3月末で32.2%だったが、今回の売却により27%に低下した。それでも“カネのなる木”であることに変わりはない。
ソフトバンクGが保有する上場株式の時価総額は9兆1000億円(16年7月27日時点)。このうちアリハバが5兆9000億円と65%を占める。

 アリババ集団株式の一部売却はソフトバンクGの利益を押し上げると同時に、アームHDを買収する上での軍資金となった。

■みずほ銀行などから1兆円のつなぎ融資

 アームHDの買収では、アリババ集団株式の売却で1兆600億円、ゲーム大手ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式の売却で730億円、フィンランドのゲーム大手スーパーセル株式の売却で7700億円を調達した。

 残り1兆円は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などが協調融資する方向だ。
当初は、みずほが1兆円を限度に融資することになっており、単独の民間企業向けの、みずほの融資としては過去最大級とされてきた。
メガバンク3行のほか、他の大手銀行や外資系の金融機関も加わるとみられている。
 融資を返済するための資金に充当するためハイブリッド社債を17年3月期中に1兆円発行する。償還までの期間は60年、金利は3%程度だ。
 ハイブリッド社債は、会計上は負債となるが、格付け会社はハイブリッド社債の一部を株式と同じように自己資本と見なす。
株式を発行するのと違って、1株利益が希薄化したり、資本効率が下がったりするという悪影響は出ない。

つづく

http://biz-journal.jp/2016/09/post_16554.html


2: 2016/09/04(日) 10:38:53.67 ID:CAP_USER9

>>1
■のれん代は4.5兆円超

 12兆3720億円――、6月末時点のソフトバンクGの有利子負債だ。16年3月期の売上高9兆1535億円を大きく上回る。
有利子負債のうち、スプリントの分が3兆8983億円で3割強を占める。スプリントがソフトバンクGの業績の足を引っ張っていることが、よくわかる。

 アームHDの買収で有利子負債はさらに膨らむ。アームHDの買収資金は、アリババ集団株式などの売却とハイブリッド社債で調達するので「心配はご無用」というのが、ソフトバンク側の主張だ。
 懸念は、のれん代の膨張だ。アームHDの純資産は2500億円。ソフトバンクの買収額3兆2000億円との差額は約3兆円だ。
スプリント分などののれん代1兆4761億円(6月末)と合算すると、4兆5261億円となる。資本合計(同3兆2719億円)の1.4倍に膨らむ。

 ソフトバンクGは国際会計基準を採用している。買収企業が想定通りの収益を上げなければ、巨額な減損を一気に迫られるリスクが高まる。

■IoT時代の覇権を握ることを狙った買収

 ソフトバンクGが「減損リスクはない」と強気なのは、アームHDの経営が健全だからだ。
アームHDの16年4〜6月期の売上高は、前年同期比17%増の2億6700万ポンド(約368億円)、純利益は9000万ポンド(約124億円)。売上高営業利益率は48%と圧倒的な収益力を誇る。

 アームHDは半導体の開発に不可欠な回路設計図のライセンス提供が主な事業。
パソコンからスマートフォン(スマホ)へとIT(情報技術)機器の主役が移り変わる際に、CPU(中央演算処理装置)の分野で米インテルの独占を崩してアームHDは台頭した。
スマホの出荷が増えるほどライセンス料という形で業績を伸ばすことができる。

 海外企業の買収は、海外で拠点を築きシェアを拡大するのが主な目的だが、アームHDの仕様はスマホ分野の「事実上の標準規格」(デファクトスタンダード)といわれている。
市場の大勢を占めるようになった事実上の標準ないしは規格のことだ。パソコンの基本ソフトWindowsやビデオのVHS方式などがこれに該当する。
 標準規格に照準を合わせてM&Aを行う日本企業は、ソフトバンクGが初めてだ。

 孫氏はアームHDの仕様でIoT時代の覇権を目指す。アームHDはライセンスビジネスだから、売り上げの規模が小さいことが懸念点で、利益面での貢献は限られる。
孫氏も認めているように、ソフトバンクGの既存事業との「相乗効果はゼロ」だ。
 ソフトバンクGの今後の株価はアリババ集団次第だ。投資家が見ているのはアームHDの成長性ではない。
ソフトバンクGが持つアリババ集団株式の含み益が増えるかどうかを凝視している。このことを忘れないようにしたい。

おわり

続きを読む
posted by 中島 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年09月02日

企業の内部留保への課税案、日商の三村会頭が猛反対「収益をあげている企業のやる気をそぐもので、経済原則に反する」

1: 2016/09/01(木) 17:37:57.08 ID:CAP_USER9

内部留保への課税案、日商の三村会頭が猛反対 「経済原則に反する、とんでもない話」
2016.9.1 17:16

日本商工会議所の三村明夫会頭は1日の定例会見で、企業の内部留保に対する課税が議論されていることに対し、
「内部留保課税は努力して、収益をあげている企業のやる気をそぐもので、経済原則に反する」として、
反対の立場を明確にした。

三村氏は「大企業の内部留保額が186兆円とされるが、1社当たり換算で358億円になるのに対し、
大企業の保有現金は113億円で、大部分は使われているということだ」との認識を示した。
その上で、「手持ちの現金は運転資金であり、景気の変動などへの対応に保険として必要だ」と説明する。

産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/160901/ecn1609010018-n1.html


3: 2016/09/01(木) 17:40:11.30 ID:FKuTvfUJ0

課税された残りが留保なのにさらに課税はないわ
国内で雇用や投資すると減税とかそういうのがいいだろ


4: 2016/09/01(木) 17:40:15.07 ID:0vCLjHNr0

お金動かさない税にすればいい、投資しないと課税


6: 2016/09/01(木) 17:41:17.74 ID:9s6uojwF0

貯めずに社員へ還元してやれよ

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

太陽光パネル底なし不況、国内出荷26%減 4〜6月

1: 2016/09/01(木) 20:55:18.97 ID:CAP_USER9

太陽光パネルの国内業界が底なし不況の様相を呈している。業界団体が1日発表した2016年4〜6月期の国内出荷量は前年同期と比べて26%減少。15年度に8年ぶりに前年実績を割り込んでから、復調の兆しが見えない。需要減少で関連企業の業績は悪化、倒産に追い込まれる企業も増えてきた。

太陽光発電協会(東京・港)が発表した太陽光パネルの4〜6月の国内出荷量は出力ベースで118万キロワットだった。四半期ベースで前年同期を下回るのは2015年1〜3月期以降、6四半期連続だ。

出荷量を押し下げているのは、全体の8割弱を占めるメガソーラー(大規模太陽光発電所)など向けの産業用だ。4〜6月期の出荷量は91万キロワットと前年同期から24%落ち込んだ。

■メガソーラー、うまみ乏しく

つい数年前まで旺盛なメガソーラー向け需要に支えられ、バブルを謳歌していた太陽光パネル業界。きっかけは12年に政府が導入した再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」。再生エネで発電した電気を電力会社に一定期間決まった価格で販売できるため、メガソーラーへの投資が相次いだ。当時の買い取り価格は1キロワット時当たり40円。メガソーラーは「つくればもうかる」とさえ言われた。前年の東日本大震災で東京電力福島第1原子力発電所の事故が起き、再生エネの導入機運が高まっていたことも追い風だった。

だが急激に太陽光発電が増えたことで、送電を担う電力会社の能力が限界に達した。九州電力などが一時、再生エネの受け入れを停止する事態に発展。政府の認定を受けたにもかかわらず、稼働していない案件も問題になった。政府は買い取り価格を年々引き下げ、16年度は同24円。メガソーラー事業のうまみは乏しくなった。

需要の大幅な減少で太陽光パネル関連企業は苦境にあえぐ。太陽光パネル材料を製造するトクヤマは16年3月期まで2期連続の最終赤字。今年5月には企業再生ファンドのジャパン・インダストリアル・ソリューションズ(JIS、東京・千代田)の支援を受けることを決めた。シャープや京セラなどパネルメーカーも収益が悪化している。

■倒産件数が増加

リストラに動く企業も増える。パナソニックは太陽光でつくった電気を交流に変換するパワーコンディショナー(電力変換装置)の製造拠点の再編に着手。17年4月をメドに、国内3工場を1工場に集約する。今年2月から稼働停止中の太陽光パネルの主力工場も再開時期を今秋としていたが、先送りすることも決めた。メガソーラーや住宅用太陽光パネルの販売を手掛けるサニックスでは今年5月までに3回にわたって希望退職者を募集。従業員数は14年度末の約半分にまで減った。

持ちこたえられない企業も出てきた。東京商工リサーチによると、メガソーラーの運営会社や施工業者など太陽光発電関連企業の倒産件数は今年1〜6月で31件。00年以降の上半期ベースで過去最多だ。

このまま国内の太陽光パネル市場は縮んでしまうのか。

資源が乏しい日本にとって、太陽光は貴重なエネルギー源。環境への配慮からも再生エネの導入は日本にとって欠かせない。政府も太陽光発電の国内導入量を2030年までに15年比で約2.7倍にする見通しを掲げ、住宅メーカーなども住宅用途での展開に力を入れ始めている。

それでも「宴(うたげ)」の後始末に追われる関連企業。業界の苦闘が続きそうだ。

(相模真記)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01HA9_R00C16A9000000/


2: 2016/09/01(木) 20:57:32.15 ID:MuzOOfs10

民主党サイテーだな


3: 2016/09/01(木) 20:57:33.45 ID:5WL6jVJM0

結局はブームだったのね。


6: 2016/09/01(木) 20:58:19.77 ID:qIPabBeO0

>>3
ブームですらない
ただのペテン

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年09月01日

企業「もうインフレ詐偽いいわ、値下げする」デフレ再開へ

1: 2016/08/31(水) 16:56:02.50 ID:7j2hQn2M0 BE:226456927-PLT(12522) ポイント特典

「一般の消費者はこれまで、アベノミクスの恩恵を実感できなくても、期待だけは持ち続けてきた。
でも、この春ぐらいから急に『景気も上向かないし、もうダメじゃないか』との不安が高まり、
財布のひもをいっそうきつく締めるようになった。企業はもう値下げするしか手の打ちようがない状況だ」と指摘する。

厳しい消費の実態やデフレ傾向の強さは、統計上にも表れてきている。
総務省が30日発表した7月の2人以上世帯の家計調査によれば、1世帯当たりの消費支出は27万8067円で、
物価変動を除いた実質で前年同月比0・5%減少し、5カ月連続のマイナスだった。
26日に発表された7月の全国消費者物価指数は、値動きの激しい生鮮食品を除くと99・6で
前年同月よりやはり0・5%下落。13年3月以来、3年4カ月ぶりの大きな下落幅となった。

消費者は節約を強め、企業はそれを敏感に感じて値下げに走りつつある。
今後、消費者がさらに安価な商品を求めれば、企業は値下げ競争に走って疲弊し、
いずれ賃金の下落となって、消費者をさらに追い込む。
そんな流れが根付いてしまえば、デフレ脱却どころではなく、全く逆の回転だ。

(一部抜粋)
http://mainichi.jp/articles/20160830/dde/012/020/003000c


2: 2016/08/31(水) 16:58:34.05 ID:6d4SIf4G0

>>1
高速料金とか公的な奴が爆アゲなんですけど


4: 2016/08/31(水) 17:00:25.87 ID:0wUlulOE0

>>2
金が市中に出回らず公庫に収まる悪い流れですな


3: 2016/08/31(水) 16:59:30.25 ID:KQD+B79U0

5%→8%で8%値上げしたろクズ企業ども

続きを読む
posted by 中島 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

タブレットが売れない!2016年の出荷台数は前年比11.5%減に。過去最大の落ち込み

1: 2016/08/31(水) 16:38:09.00 ID:VGg8q3Cc0 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典

米IDCが現地時間2016年8月30日に公表した世界のタブレット端末市場に関する調査によると、
同年の出荷台数は1億8340万台になる見通し。
これにより、出荷台数の前年比成長率はマイナス11.5%と、過去最大の落ち込みになるという。
ただし、タブレットの出荷台数は2018年にプラス成長に転じ、2020年には1億9400万台に
達すると同社は見ている。

IDCはタブレット市場を、「スレート型」と呼ぶ従来型端末と、着脱式キーボードが用意
されている「デタッチャブル型」の2つのカテゴリーに分けて分析している。
同社によると今後市場回復の鍵を握るのは後者のデタッチャブル型。これに伴い2016年に
85%と推計されるスレート型の、タブレット全体に占める出荷台数比率は2020年に68%に
まで低下する。また9インチ以下の出荷台数比率は2016年の55%から、2020年には40%に
低下すると予測している。

9インチ以下の端末は低価格化が進んでおり、メーカーは端末の販売だけでは利益を
出せない状況。一方で現在は、画面サイズのより大きなタブレットやデタッチャブル型に
健全な需要がある。

IDCが予測する2016年における各OSの出荷台数比率は、Androidが66.2%、iOSが22.4%、
Windowsが11.3%。2020年にはAndroidが57.8%に低下、iOSは22.9%とほぼ横ばいで推移、
Windowsは19.3%に拡大すると同社は予測している。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/083102526/


2: 2016/08/31(水) 16:39:17.25 ID:tb9XuK0i0

なんで売れ続けられると思ったの?


4: 2016/08/31(水) 16:39:37.77 ID:/jDdMAZ10

iPadの買い替えを検討中
今度のイベントで新しいAir出ないかなあ


5: 2016/08/31(水) 16:40:10.41 ID:YZZUhMFm0

便利よさそうで購入をかんがえてるけど
そこまで便利でもなさそうだから悩んでる

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 経済

ヨドバシカメラ梅田、地上34階、地下4階に増築すると発表 デカすぎ

1: 2016/08/31(水) 15:58:13.91 ID:cWfXXh9L0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典

家電量販店大手のヨドバシカメラは31日、JR大阪駅北口に高層ホテルや商業施設が入居する
大型ビル「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」を建設すると発表した。
平成29(2017)年夏に着工し、31年秋の完成を目指す。

地上34階、地下4階の計画で、ヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪市北区)に隣接する敷地に建設する。
約千室を備えたホテルや商業施設のほか、観光バスの発着用のスペースを設ける。
新ビルと大型商業施設のグランフロント大阪やJR大阪駅をつなぐ通路も整備する。
no title


http://www.sankei.com/west/news/160831/wst1608310057-n1.html


2: 2016/08/31(水) 15:59:04.72 ID:AY1U0Crw0

うっそだろw


3: 2016/08/31(水) 15:59:27.57 ID:ocLLYj2x0

どんだけ品物置くつもりだよ


4: 2016/08/31(水) 15:59:51.98 ID:xqWlqdVT0

始まったな…

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年08月31日

【燃費不正】スズキ、26車種で燃費値が諸元値を上回る

1: 2016/08/30(火) 22:15:51.71 ID:Pif0kvEs0 BE:759857947-2BP(1500)

国土交通省は8月30日、三菱自動車およびスズキの燃費不正を受け、自動車技術総合機構で実施した燃費・排出ガスの確認試験の結果を発表した。

確認試験は、三菱自動車の軽自動車4車種を除く現行車9車種21台と、
スズキの現行車26車種28台を対象に実施。調査結果によると、
スズキは26車種28台すべて車両で燃費値が諸元値を上回った。
一方、三菱は8車種15台で燃費値等が諸元値に達していないことが確認された。
http://response.jp/article/2016/08/30/280900.html


3: 2016/08/30(火) 22:17:01.54 ID:7i8B5jO00

お・さ・む!お・さ・む!


4: 2016/08/30(火) 22:17:04.69 ID:i7yiZIgh0

スズキwwwwwwwww


5: 2016/08/30(火) 22:18:22.54 ID:nWJxxrWh0

上なら正確じゃなくても良いというのはどうなのか
他の数値も適当だと思われても仕方ないな

続きを読む
posted by 中島 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。