経済 - 売国情報ちゃんねる

Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2016年12月24日

日本、2050年までに先進国から転落か・・・GDPはインドの3分の1となり存在感は「著しく」低下

1: 2016/12/23(金) 12:44:29.56 ID:CAP_USER9

【4月20日 AFP】人口減少や少子高齢化、生産性の伸びの減速による経済の縮小により、日本は2050年までに先進国から転落するかもしれないと警告する報告書を、日本経済団体連合会(経団連、Keidanren)が設立したシンクタンク、21世紀政策研究所(The 21st Century Public Policy Institute)が発表した。

 報告書では、慢性的な低出生率による労働力の減少や、貯蓄率の低下、投資活動の停滞によって、日本は経済大国の座から転落するだろうとしている。

 また、たとえ生産性が世界経済でトップクラスの国々の平均水準まで回復したとしても、2030年代には日本経済のマイナス成長が始まると予測している。

 日本の国内総生産(GDP)は2014年にインドに抜かれ、2050年までには中国・米国の6分の1、インドの3分の1の規模となり、存在感は「著しく」低下すると警告している。2011年に中国に抜かれるまで、日本は世界第2位の経済大国だった。

 最も悲観的なシナリオでは、財政状況の悪化により日本経済は縮小を続け、世界の経済大国とは言えない水準までGDPが縮小するという。

 しかし日本の未来に全く希望が無いわけではない。報告書は、女性労働力率を2040年までにスウェーデンと同水準まで向上させることができれば、日本は2050年まで世界第4位の経済大国の地位を保つことができるだろうとしている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/2872745?pid=8817702


2: 2016/12/23(金) 12:45:18.05 ID:sbaq5PaX0

 

  _ノ乙(、ン、)_これって何年前のネタ?


3: 2016/12/23(金) 12:45:31.84 ID:K/PRZZi90

何十年もデフレやってりゃそうなるわ


4: 2016/12/23(金) 12:45:45.20 ID:xmm7vaHm0

小泉 安倍 竹中平蔵は日本衰退の原因を作った売国奴として名を残す

続きを読む
posted by 中島 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年11月28日

日本でベーシックインカムが実現できないシンプルな理由

1: 2016/11/27(日) 09:14:37.13 ID:CAP_USER

http://diamond.jp/articles/-/10608?page=4
(中略)

先入観を捨てて考えてみると、ベーシックインカムは富の再配分の仕組みとして、
またいわゆるセーフティー・ネットとして理想に近い制度だと思える。日本でも是非実現したい。
 しかし、率直に言って、ベーシックインカムは日本で実現しないだろう。
 なぜか。それは、制度がシンプルすぎて官僚の仕事と権限が減るからだ。たとえば、社会保険庁も、
公的な年金の運用も、雇用保険も不要だとなると、厚生労働省は大いに抵抗するだろう。
生活保護のような自治体にとっては余計な荷物的な仕事であっても、これがなくなって、権限を手放すことになるとすれば抵抗があるかも知れない。
 ただし、ベーシックインカムの考え方は政策を考え、制度を設計する上で生かすことができる。
 政策を評価する際に、「シンプルさ」「公平さ」「自由さ」「格差是正効果」「低コストな制度」の五つの視点を持つことが有効だ。
 たとえば、現在の公的年金制度は、複雑で、世代間の公平を欠いていて、
受給したお金の使い方は自由だが、ここしばらくは相対的に豊かな高齢世代に富を移転し、
運営コストが大変高いという意味で、上手くできている制度ではない。
 逆に、官僚あるいは、官製情報に頼るメディアからの評判はすこぶる悪いが、子供手当は、
仕組みが単純で、「子供を持っている人」という区別が不公平かも知れないが、
使い道も自由で(借金を返してもいいし、パチンコに使ってもいいではないか!)、低所得者への再配分になっているし、
運営コストは安いから、そう悪い制度ではない。「バラマキだ」という批判があるが、公共事業のように偏ったお金の使い方をするよりは、
公平にばらまく方がずっといい。
 ベーシックインカムについては、現金による給付であることや、労働など何らかの我慢の対価としてでなくお金を渡すことなどに
「抵抗感」を持つ人がいるかも知れないが、よく考えてみて欲しい。そう悪いものではないはずだ。
 筆者は、現在のもろもろの制度を「ベーシックインカム的」に徐々に変えていけばいいと思っている。


4: 2016/11/27(日) 09:16:22.30 ID:qoe19nQX

変化を極端に恐れる民族性なんだ

無理だろ
欧米が何年もやって安全ってわかって

かつ
現行制度が破綻しないと無理


5: 2016/11/27(日) 09:17:23.58 ID:5Qy+F8Mp

>>1
「富の再配分」って便利な言葉だな。

自分が「恵んでもらう」ことを正当化できるからな。


6: 2016/11/27(日) 09:18:05.36 ID:QrcuhVOA

先入観を捨てて考えてみると、
官僚の仕事と権限は、ロボット、コンビニで、代行出来る。

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年11月23日

TPPに保護主義の「壁」米トランプ次期米大統領の離脱宣言 日本、EUと協定合意で反撃へ

1: 2016/11/22(火) 20:46:47.40 ID:CAP_USER9

トランプ次期米大統領が21日、就任初日にTPP離脱を通告すると明言したことで、世界国内総生産(GDP)の4割を占める巨大経済圏の誕生は事実上、困難になった。米国を席巻する保護主義の壁は、世界の安定を守るため進められてきた自由貿易をせき止めようとし、世界経済を萎縮させかねない。

「中国や日本からの輸入増で米国の雇用が奪われている」。トランプ氏はこれまで、「自国第一」を全面に掲げ、ヒトやモノの自由な移動について批判的な発言を展開してきた。

自由貿易は世界中で勝者と敗者を生み、貧富の差を拡大させた−という論理だ。英国が欧州連合(EU)離脱を決めたのも、東欧から流入する労働移民への不満が背景にある。

しかし、保護主義には大きな副作用がある。1929年の世界大恐慌では、各国が輸入品に高い関税をかけて自国産業を保護した。その結果、貿易量の減少と恐慌の深刻化を招き、先の大戦の一因となった。

自由貿易は国境の垣根を低くして貿易や経済規模の拡大に寄与した。日本が農産品の市場開放など痛みに耐えて自由貿易の取り組みを進めたのも、かつての過ちの教訓があるからだ。
ただ、発効条件を変更しても米国抜きのTPP成立は難しい。参加国は域内GDPの6割を占める米国市場の開放を目当てに高レベルの関税撤廃率や貿易・投資ルールの自由化を受け入れており、国内の理解を得られない。日本がトランプ次期政権と自由貿易協定(FTA)交渉に臨めば、かつての日米貿易摩擦のような事態になりかねない。
保護主義に対抗するには、巨大自由貿易協定(メガFTA)の機運を維持することだ。残る希望は交渉が大詰めを迎えたEUとの経済連携協定(EPA)。日本は合意を急ぎ、世界に向け反撃ののろしを上げる必要がある。

産経
http://www.sankei.com/world/news/161122/wor1611220045-n1.html


2: 2016/11/22(火) 20:47:15.75 ID:IVyj4aGm0

何がしたいんだ安倍さん


3: 2016/11/22(火) 20:48:07.77 ID:vo3Epk3G0

どうせトランプも財界メディアに叩かれまくって
TPP推進派に折れるだろ
安倍も最初はTPP反対だったじゃん


4: 2016/11/22(火) 20:48:33.71 ID:GN23TCIf0

もうあきらめてちゃんとした政策やろうよ
TPPだって一方的に日本が損する条約だろ

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年09月18日

竹中平蔵「年をとったら国が支える、そんなことはありえないんです。90歳までいきたければ自分で貯めなければダメ」

takenaka001.jpg
1: 2016/09/17(土) 10:40:59.38 ID:CAP_USER

http://blogos.com/article/190317/
(抜粋)

竹中 私は10年以上ずっと言っていますよ。私以外にも言っている人はたくさんいるのに、
メディアがちゃんと伝えていないというのも問題。極論ではなく、常識的な話だと思うんですが、
日本は常識を言うとバッシングされたりするんですよね。
そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、
90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから。


竹中 今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。
90歳、100歳まで生きたいんだったら、自分で貯めておく。それがイヤで、国に面倒をみて欲しいんだったら、
スウェーデンみたいに若い時に自分の稼ぎの3分の2を国に渡すことです。

例えば年収1,000万円もらっているような、わりと高給取りなサラリーマンだとします。そのうちの600何十万を国に渡せますか?
みんなの介護 結構な金額ですよね…

竹中 そういう国に住みたいですか?ということです。でもそうしないと、今多くの人が思っている、
年をとったら国が面倒を見てくれるというような仕組みはできません。保険料にしても税金にしても、
誰かがどこかで払っているお金。天から降ってくることはないんです。


4: 2016/09/17(土) 10:42:44.09 ID:x/PqGNNR

和歌山ボイコット運動がどんどん進みそうだな。


5: 2016/09/17(土) 10:43:18.11 ID:C8ZFfJSk

生活保護の為に金持ちからもっと取れば良い


6: 2016/09/17(土) 10:43:39.29 ID:xop8/hHS

「年金は、国営の振りこめ詐欺」まで読んだ。

続きを読む
posted by 中島 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年09月16日

【芯から腐ってる!】三菱自、再測定でも不正!国交省「常軌逸する」と呆れ顔へ

imitsu.jpg
1: 2016/09/15(木) 23:25:08.97 ID:ktM+tpFR0● BE:488538759-PLT(13931) ポイント特典

三菱自動車が燃費データの不正発覚後、社内で行った燃費の再測定について、担当者が不正を認識しながら測定を続けていたことが15日、国土交通省の立ち入り検査の結果報告でわかった。

 不正は対象の9車種のうち8車種に及び、国交省は「常軌を逸する事態」として厳しく指弾した。三菱自の企業体質が改めて問われている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00050129-yom-bus_all


6: 2016/09/15(木) 23:26:51.99 ID:2hMxLTNZ0

そもそも最初から第三者機関が燃費計測すべきじゃないの? メーカーからの申告鵜呑みにしてるから不正にも気づかないんじゃない?


9: 2016/09/15(木) 23:27:17.82 ID:bfdOH7640

なにが笑えるって、国交省が「責任の所在を明らかにせよ!」だってさ


12: 2016/09/15(木) 23:28:56.63 ID:p8t9FpI10

おいおい
こりゃ10式や90式の燃費も調べた方が・・

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

ロッテマリーンズとかいう韓国資本の糞球団が身売りへ 日本へもどってくるぞー

1: 2016/09/15(木) 16:10:20.58 ID:G3A62qW/0● BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典

広島カープの「25年ぶりのリーグ優勝」に沸く球界で、「ロッテ身売り」の情報が水面下で流れ、衝撃が走っている。
韓国検察がロッテ財閥解体に着手し、それに伴い千葉ロッテマリーンズの重光武雄オーナーも「球団の身売りは避けられない」と判断したという。

http://wjn.jp/article/detail/8147680/


2: 2016/09/15(木) 16:10:55.02 ID:x580/Cij0

早くしロッテ


5: 2016/09/15(木) 16:11:32.74 ID:QfWbXEx20

そして中国産になるんですね


6: 2016/09/15(木) 16:11:49.22 ID:8kFynlWd0

ヤクルトと合併みたいな噂あったな

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2016年09月13日

ハロウィーンで盛り上がるディズニーからバイトが次々逃げ出し! 最高クラスで時給1020円のブラックぶりに嫌気か

1: 2016/09/11(日) 10:05:30.51 ID:CAP_USER

http://lite-ra.com/2016/09/post-2551.html

本日9日から早くも、東京ディズニーリゾート(TDR)で「ハロウィーン」イベントが始まった。ハロウィーンといえば、
最近のディズニーがもっとも力を入れているイベントだが、今年は東京ディズニーシー開業15周年ということもあり、例年以上に盛大に行われるらしい。
 8日は御用マスコミを集めてプレビューが行われ、大々的なTDRの宣伝を繰り広げている。
 だが、その裏で、ゲスト(客)からのTDRの評判はこの夏、開業以来最悪と言ってもいいくらいに低下していたらしい。
夏のディズニーはもともと、暑さ、人の多さ、サービスの悪さの三重苦で、ゲストの不満が高まるのだが、今年の評判の悪さにはもうひとつ大きな要因があった。
 あらゆるレストランで行列ができて、食事がまともにとれないランチ難民が続出したのだ。これまでもランチタイムの行列はあったが、
今年の夏はランチタイムの後も延々行列が続いた。
 しかも、人気店の席がとれないというレベルではない。座席数が多く、ガイドブックなどで「ここなら大人数でもいっしょに座れる」
と紹介されている店も、まったく座席が取れない。
 さらに、カウンターサービスのお店でも席がとれず床に座って食べるゲストが続出。軽食がとれるはずのワゴンサービスも長蛇の列だ。
「プライオリティ・シーティング(座席優先案内システム)の拡大で座席がとれなかったゲストが、プライオリティ・シーティングのいらない
カウンターサービスのお店やワゴンサービスのお店に殺到しているのです」
 こう語るのは、TDRの労働環境の改善のために活動を続けている労働組合・オリエンタルランドユニオンだ。プライオリティ・シーティングとは
「ファストパスのレストラン版」。あらかじめ時間を指定し、レストランを予約しておいて、その時間に来店したら席が空き次第、
優先的に案内してもらえるのだが、混雑する日は予約もとりづらいというのが実情だ。


2: 2016/09/11(日) 10:05:39.53 ID:CAP_USER

「さらに、問題なのは、カウンターサービスのお店やワゴンサービスのお店のレジやワゴンもキャスト(従業員)の不足からフル稼働ができないのです。
食事済のテーブルも片付けられませんし、ますます悪循環になります。これまでは春と秋と期間を区切って募集していた
TDRのキャスト募集も人材難から常に募集しています。それでも待遇がブラック視され、ベテランは次々に辞めますし、
新しいアルバイトも集まらないのです」(オリエンタルランドユニオン)
 ブラック視される理由は、TDRを運営するオリエンタルランドは日本一のおもてなしをキャストに要望しながら、それに見合う時給をまったく払っていないからだ。
「キャストは5段階になっていますが、飲食の場合では、新人で入ってきてしばらくは900円。多くは2カ月後、
1000円にアップします。その後、時給が上昇するのは1020円。たいていのキャストはこの1020円で頭打ちです。
何年働いても1020円なのです。この点について私たちが要望したこともあって、この春に新従業員制度が導入されましたが、
それでも、10〜20円アップされるだけなのです」(同前)
 過去最高益のはずのTDRのキャストへの時給が、1020〜1040円とは……。しかも、ベテランほど1〜2人で接客するワゴンサービスに回される。
そこでは夏の直射日光の下、長蛇の列にイライラ度が最高潮のゲストの接客を延々と続けなくてはならないのだ。トイレも行けないどころか、体調も崩しかねない。
「しかし、休むと一緒に働くキャストにも迷惑かかるので、休みにくい。
さらに体調を崩しても『体調管理もあなたの仕事』と他のキャストからは冷たい言葉が投げかけられるだけなのです」(同前)
 これで時給が1020円ではベテランから辞めてしまう。新しく配置される新人スタッフは不慣れでミス連発。さらに行列のイライラが高まるというわけだ。
 これから、キャストにとっては地獄のようにハードなハロウィーンイベントに突入すれば、この悪循環はますますエスカレートしていくだろう。
 オリエンタルランドユニオンは「新従業員制度では半年に一度、時給が見直されることになっています。この10月がその時期に当たるので、
このときにキャストの時給がアップされれば……」と期待するが、現実はそう甘くはなさそうだ。
 一部の情報では、TDR側はこの期におよんでもなお、キャストの給与を抑え込むことしか考えておらず、
時給アップ対象はごく一部、しかも時給にして10円から20円にとどまるのではないかと言われているのだ。
 オリエンタルランドの2016年3月期連結純利益は、前期比3%増の740億円で、5期連続で最高益を記録している。
だが、これは入園料の値上げや軽食を500円台から700円台に値上げするなど客単価を上昇させたからで、入園者数は4期ぶりに減少した。
 そして、ブラック体質に嫌気がさして辞めるキャストの続出。沈む船からはまずネズミが逃げ出すというが、
TDRの場合は逆に、気が付いたら残っているのはネズミだけ、なんていうことになるかもしれない。

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
Powered by BlogRing