集団的自衛権 - 売国情報ちゃんねる

2014年07月08日

集団的自衛権に反対する朝日新聞は、日本を侵略しようとする勢力を手助けしていると思われても仕方がない ← 侵略者の手下だからな、いい加減息の根止めたほうがいい

asahi002.jpg
1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 15:20:22.24 ID:???.net

【朝日新聞研究】中国の軍事的脅威を矮小化する朝日新聞の報道

写真:集団的自衛権の行使容認を批判する朝日新聞
no title


 集団的自衛権の行使容認が1日、ようやく閣議決定された。「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会
(安保法制懇)」が5月15日に報告書を提出し、安倍晋三首相が記者会見で、憲法解釈による行使容認を
明言してから、朝日新聞は反対の立場から連日報道した。それはまさに、最近の気象現象でしばしば起きる、
集中豪雨的な報道だった。

 私は、朝日新聞の反対報道には、疑問を抱かざるを得ない。「集団的自衛権 読み解く」の欄で、5月18日
から20日まで、上・中・下の3回にわたって「首相の狙い」を掲載している。その「中」では、「『離島に
武装集団』想定」と題して、例の「グレーゾーン事態」が取り上げられており、見出しには「中国の『脅威』
強調」と、わざわざ脅威にカッコがつけてあった。これは、あたかも不確かな事実であるかのような表現に
思えてならない。

 中国による軍事的脅威こそ、現在の日本が直面している、最大の問題であることは、あまりにも明らかである。
2010年9月に、沖縄・尖閣諸島沖で中国漁船衝突事件が発生してからの推移を回顧すれば、簡単に分かる
ことではないか。特に、中国が尖閣諸島を「核心的利益」と明言したことは、わが国の領土に対する、明白な
侵略宣言である。領海・領空侵犯を繰り返し、自衛隊艦船に射撃用レーダーを照射し、一方的に防空識別圏を
設定するなど、暴挙は止まることを知らない。最近では、戦闘機を自衛隊機の30〜45メートルまで異常
接近させる挑発を、2回もやっている。

 朝日新聞による報道の基調は、中国の軍事的脅威という最大の要点を、ひたすら矮小化しているように思える。
日本と中国との緊張関係の責任が、あたかも安倍首相にあるかのような記述すらみられるが、これほど倒錯した
解釈もない。第一、中国は日本とだけでなく、ベトナムやフィリピンとも“対立・衝突”を起こしているのである。

 朝日新聞は2日朝刊で「9条崩す解釈改憲」と大見出しを出したが、解釈改憲はすでに行われている。
だから自衛隊が存在するのだ。しかも、私としては9条はすでに破綻していると考えている。憲法の前文には
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われわれの安全と生存を保持しようと決意した」とある。
しかし、中国や北朝鮮に対して、公正と信義を信頼できないことは、疑う余地がない。前文という土台
が崩れてしまっているのだから、その上に建てられた9条という建物も倒壊しているのである。

 もはや、「一国平和主義」も「平和ボケ」も通用しない。国家・国民を守るためには「戦える国」でなければ、
侵略国家の覇権拡大を防ぐことはできない。この簡単明瞭な事実に目をつむり、集団的自衛権に反対する朝日新聞は、
日本を侵略しようとする勢力を手助けしていると思われても仕方がないのではないか。

 ■酒井信彦(さかい・のぶひこ) 元東京大学教授。1943年、神奈川県生まれ。70年3月、東大大学院
人文科学研究科修士課程修了。同年4月、東大史料編纂所に勤務し、「大日本史料」(11編・10編)の編纂に
従事する一方、アジアの民族問題などを中心に研究する。2006年3月、定年退職。現在、明治学院大学非常勤
講師や、月刊誌でコラムを執筆する。著書に「虐日偽善に狂う朝日新聞」(日新報道)など。

zakzak 2014.07.08
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140708/dms1407081140001-n1.htm


2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 15:21:05.28 ID:jx7bk0d7.net

実際そうだし。
社内の朝鮮率高そう。


44: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 15:52:35.43 ID:Beu6Fxvd.net

>>2
普通にあっち系ばかりだと簡単なハナシなんだけど、
自然な感じで自発的に狂った主張してるから厄介なんだよな


3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 15:21:40.26 ID:OK4rg8kW.net

ここまで朝日の悪事が明るみに出まくってるのに
スタンス崩さない朝日も対したもんだよ、筋金入りのクズと認定してやろうw

続きを読む
posted by 中島 at 19:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 集団的自衛権

【集団的自衛権】若い世代は国内の反日メディアに同調せず…朝日新聞など一部の過激な報道はそれへのイラ立ち ← 中韓の手下だってばれちゃったからな、マスコミが扇動すればするほど逆効果

asahi002.jpg
1: いちごパンツちゃん ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 08:48:04.75 ID:???0.net

「東アジアで集団的自衛権を認めないのは、中国共産党と日本共産党、社民党だけだ」
マイケル・グリーン米元国家安全保障会議アジア上級部長は、自民党議員にこう語ったという
(産経新聞、6月14日付)が、正確な分析だ。

中韓両国を除くアジア諸国は、わが国の集団的自衛権の行使容認を支持している。

6月には、フィリピンのアキノ大統領と、オーストラリアのビショップ外相が、
5月にはシンガポールのリー・シェンロン首相と、ベトナムのダム副首相が、
4月にはマレーシアのナジブ首相が、昨年9月にはタイのユタサック国防副大臣が、
同年1月にはインドネシアのユドヨノ大統領が、それぞれ支持を表明している。

いずれも、中国の台頭に手を焼く「被害者の会」のような諸国だ。
アジアの平和と安定のためには、日本のこれまで以上の貢献が必要とみている。
今日のアジア情勢を踏まえた常識的かつ現実的な判断だ。

だが、日本の一部メディアや勢力の見方は違う。
安倍晋三首相を「国民の敵」に設定したいようだ。
特に、朝日新聞は連日、「戦争になる」「徴兵制になる」などと読者の不安をあおり続けている。

政治面だけでなく、「さて閣下あとは開戦待つばかり」(7月2日付「朝日川柳」)、
「暦を1枚めくるともう戦後ではなかった。理性も良心もかなぐり捨てて。
自衛隊発足60年の日からの新たな戦前」(同1日付夕刊「素粒子」)、
「『教え子を戦地に送るな』と声を上げた小学校教諭の男性(45)は大分県から夜行バス
で駆けつけた」(同1日付夕刊社会面)−。官公労中心の抗議活動の写真も掲載している。

現行憲法は、第2次世界大戦敗戦後の占領中、日本を連合国共通の「敵」とする「ポツダム体制」
の下で作られた。9条はその趣旨を固定するものだ。
だが、東西冷戦が始まり、「ポツダム体制」は壊れた。占領が終わり、日本は主権を回復し、
新たな国際秩序「サンフランシスコ体制」に復帰した。
そこでは日米は敵対関係ではなく、同盟関係となった。
自衛隊と日米安保条約はそこに位置付けられるものだった。

憲法とわが国が属している国際秩序とは、その立脚する原理を異にする。
本来であれば、主権回復した時点で憲法は改正されるべきものだった。
実際、何度も試みられた。が、その都度、旧社会党など社会主義勢力と一部メディアに阻まれた。
今日、集団的自衛権の政府憲法解釈に変更に反対しているのはその嫡流だ。

若い世代は彼らに同調しない。ネットで世界の現実を知り、メディアを疑ってみているからだ。

一部の過激な報道は、それへのイラ立ちと見てよいのではないか。
ともあれ、わが国は大きな一歩を踏み出した。正念場となる国会論戦を注視したい。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140705/dms1407050830001-n1.htm


2: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 08:48:23.41 ID:aMFYZbM80.net

ブサヨ発狂w


3: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 08:49:18.44 ID:nKaraJDa0.net

自業自得


5: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 08:50:41.15 ID:201eNwun0.net

「オオカミ少年」相手にされず

続きを読む
posted by 中島 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権

集団的自衛権反対デモ、関心を持つのは外人と子供だけ…なんでみんなもっと怒らないの? ← 外人が反対し外人が子供を騙して反対させてる、中韓の工作は失敗

henta02.jpg
1: ブラディサンデー(東京都)@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 10:23:31.52 ID:Fk4AQ5Nz0.net BE:983817955-2BP(1000)

集団的自衛権の行使を容認した閣議決定に抗議するデモが六日、名古屋・栄であった。
市民ら約二百三十人が雨の中、約二十個の太鼓や笛を鳴らしながら「憲法壊すな」「安倍はやめろ」と声を上げた=写真。
 市民団体「ANTIFA758(アンティファなごや)」が企画。「正式な手続きを踏まず、
解釈で憲法を骨抜きにしてしまう安倍政権のやり方に抗議したい」と、開催の四日前から短文投稿サイト「ツイッター」などで参加を呼び掛けた。

 「怒 NO!WAR」と書かれた看板を首に掛けた名古屋市北区の人形劇芸術家、福永朝子さん(58)は
「デモの前に大須商店街を歩いたが、反応をくれたのは外国人や子どもだけ。みんなもっと怒らなきゃいけない」。

 家族四人で参加した新城市の主婦織田淳子さん(37)は「閣議決定の日を境に、当たり前のことが壊れてしまった気がする。
不安でたまらない」。傍らの長男(1つ)を見つめ「この子を戦場に送るために産んだんじゃない」と話した。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20140708/CK2014070802000045.html
画像
no title


3: エルボードロップ(庭)@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 10:24:50.28 ID:wjVk1les0.net

日本人なら賛成するだろ、実際。


83: 膝十字固め(愛知県)@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 11:05:35.48 ID:X0KE+Rcp0.net

>>3
これ


5: ナガタロックII(庭)@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 10:25:34.35 ID:2GWNlbiu0.net

まだまだまともな人が多い証拠

続きを読む
posted by 中島 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権

2014年07月07日

【産経】朝日新聞・毎日新聞へ 集団的自衛権問題 「扇動」ではなく「報道」をしよう ← そうだね、中韓の利益になることばっかり書いてるね

henta02.jpg
1: ◆R4h0Z7oz/Geb @Whale Osugi ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 16:55:20.09 ID:???0.net

集団的自衛権の行使容認のための憲法解釈変更をめぐる議論は1日、自民、公明両党の与党間で合意が成立し、
政府が閣議決定したことで決着しましたが、これに対する新聞各紙の紙面・論調はやはり、産経と読売は評価、
朝日と毎日は反対と真っ向から対立したままでした。

私が書き続けてきたこの「朝日・毎日への反論」シリーズも今回で10回目となります。朝日、毎日両紙が
これまでの指摘を受け止めていただいたのかどうか分かりませんが、集団的自衛権をめぐる報道ぶりや社説での
論じ方は多少、変わってきたと思っていただけに、先祖返りして自らの従来の主張を読者に押しつけるばかりの
「現実から目を背けた情緒的な紙面と論調」には落胆を超えてあきれるばかりです。

議論の舞台は今後、秋の臨時国会以降の具体的な立法作業に移ります。そこでは改めて、国会にもマスコミにも
政策的で論理的な議論を求めたいと思います。国民も同じ気持ちだと思いますので、今回も朝日、毎日両紙の
社説の問題点を指摘しておきたいと思います。

まず、閣議決定の評価について、産経は「戦後日本の国の守りが、ようやくあるべき国家の姿に近づいたといえよう」、
読売は「米国など国際社会との連携を強化し、日本の平和と安全をより確かなものにするうえで、歴史的な意義があろう」
としました。

一方、朝日は「この暴挙を超えて」と題して「戦後日本が70年かけて築いてきた民主主義が、こうもあっさり
踏みにじられるものか」、毎日は「閣議決定に反対する」と題して「解釈変更による憲法9条の改正だ。
このような解釈改憲は認められない」としました。

この4紙の社説の書き出しではっきりするのは、集団的自衛権行使の憲法解釈変更について、産経、読売が
「現在の国際情勢において日本の安全保障はどうあるべきか」という観点からとらえているのに対し、朝日、毎日は
つまり「国際情勢が変化しているとしても、日本は従来のまま一国平和主義を貫くべきだ」と主張していることです。
どちらが政策的で論理的であるか、良識ある国民の方々には明らかでしょう。

朝日は社説の中で、「自衛隊がPKOなどで海外に出ていくようになり、国際社会からの要請との間で折り合いを
つけることが難しくなってきているのは否めない」と認めています。しかし、論理展開は「それでも日本は9条を維持してきた。
『不戦の国』への自らの誓いであり、アジアをはじめ国際社会への宣言でもあるからだ」となります。

毎日も「確かに日米同盟が強化されれば、一定の抑止力としての効果はあるだろう」としながらも、
「だが、米国から派兵を求められて断り切れずに不当な戦争に巻き込まれる危険もある。自衛隊員が殺し、
殺されるかもしれない」と、一転して反対論を展開しています。

以下略 詳細はソースに
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140704/plc14070423500033-n1.htm


2: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 16:56:54.47 ID:AvLWC9Ag0.net

支那チョンの機関紙だからしゃーない。


3: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 16:57:05.43 ID:L5O34bNn0.net

戦後はこれで終わる

よかったな?


7: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 16:59:48.55 ID:yLE0Jwhe0.net

>>1
>自衛隊員が殺し、殺されるかもしれない

この点は気にかけてるクセに
国民が一方的に殺される危険性には
まったく言及しようとしないのが毎日、朝日

続きを読む
posted by 中島 at 19:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 集団的自衛権

【集団的自衛権】「日本だけが異常だった」「ほんの少し普通の国に近づいただけ」海外識者の論評 ← これが普通の国の反応、中韓とマスコミは日本の敵だとはっきりわかる

kokki001.jpg
1: 依頼スレ@道芝 ★ 2014/07/06(日) 11:44:49.12 ID:???.net

「異常」な日本、「普通の国」へ一歩 海外識者、集団的自衛権の行使容認を論評

 集団的自衛権を行使するための憲法再解釈が閣議決定されたのを受け、
国内外で賛否両論の声が渦巻いている。海外メディアでもさまざまな意見が交わされているが、
これまで特異な「平和主義」を貫いていた日本が、良くも悪くも「普通の国」に
近づいているという見解は概ね一致しているようだ。

 一方、現在も抗議デモが続くなど反対世論が過半数を占めていることも関心を集めている。
知日派の学者の一人は、その原因が“戦後日本のトラウマ”にあるとする見解を述べている。

【日本はほんの少し“普通”に近づいた】

 「平和主義の日本がジワジワと“普通”に近づいている」と評したのは、
フィナンシャル・タイムズ紙(FT)のコラムだ。世界中の「ほぼ全ての国が集団的自衛権を
有している」とし、日本と同じ第2次大戦の敗戦国であるドイツでさえも「西(ドイツ)が
NATOに加盟した1955年以来、同盟国を守る義務を負ってきた」と記す。そして、
「主要国の中で日本だけが異常だった」と表現している。

 同紙は、日本が再び戦争を起こすという懸念や「安倍首相の国粋主義的なレトリック」に
対する反対論者の嫌悪を皮肉りながら、「日本はほんの少し“普通の国”に近づいただけだ。
我々はそのことを冷静に認めなければならない」としている。

 また、戦前・戦中の日本の行為に対し、中国と韓国が戦後幾度となく謝罪と賠償を
求めてきたことについて、「(平和憲法のもとで)日本は1945年以来、ただの一度も
紛争に関わっていない」とした上で、中韓が求める日本の“誠意”はそうした戦後の
歩みによっても汲み取られるべきだと論じている。そして、今回の再解釈は再び中国の
怒りに火をつけることになるだろうが、「日本がよりノーマルな防衛姿勢を取ることを
否定するのは難しい」と結んでいる。

【戦争へのトラウマが9条を神格化】

 一方、複数のメディアが、閣議決定に至るまでに国民的な議論が欠けていたと
指摘している。エコノミスト誌はそれに加え、首相官邸を連日大勢の反対派市民が
取り囲んでいることや、閣議決定の2日前に東京・新宿駅前で男が抗議の焼身自殺を
図ったことに触れている。FTは、この自殺未遂事件をほとんど報じなかった日本メディアを
「中国メディア同様に選択的だ。我々はそれを検閲と呼ぶ」と批判している。

 テンプル大学ジャパンキャンパスのジェフリー・キングストン教授(アジア研究)は、
日本の一般市民の世論が再解釈反対に傾いている理由について、戦後の日本人の
心に刷り込まれた平和主義が「日本の国民的なアイデンティティになっているからだ」と指摘する。(中略)

【「アジアのNATO」を目指す?】

 同じ座談会で、安全保障を専門とする道下徳成・政策研究大学院大学准教授は、
中国の脅威にさらされているベトナム、フィリピンなどの東南アジア諸国の日本に
対する期待が高まっていると指摘する。(以下略)

ニューススフィア 2014年7月4日
http://newsphere.jp/politics/20140704-7/

関連スレ
【集団的自衛権】日本の新防衛方針は中国の侵略的な言動が背景 アジアでの平和維持に決定的に重要(米WSJ) [07/02]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1404342636/
【アメリカ】集団的自衛権、オバマ大統領「強く支持」、ヘーゲル国防長官も歓迎…「自衛隊がより広い範囲で任務を遂行できるように」
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404311017/
【豪州】日本の集団的自衛権行使容認を歓迎「国際平和への貢献拡大」[07/03]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1404363377/
【ドイツ】独、日本の集団的自衛権行使容認を歓迎 「国連の平和維持活動への積極参加可能に」 [07/02]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1404382369/


5: 七つの海の名無しさん 2014/07/06(日) 11:52:02.50 ID:vw0D8H7V.net

軍事は弱いより強い方が良いに決まってる
日本が戦争に巻き込まれる不安要素は軍事じゃなくて外交なんだけどな
強力な軍備を背景に国民への説明と外交力が戦争回避の鍵だろ
戦前は軍備は良かったがへぼ外交で戦争に巻き込まれた


9: 七つの海の名無しさん 2014/07/06(日) 11:59:43.91 ID:bSzwODU/.net

>>5
基本的に力づくでいう事聞かせるのが、戦争という外交
つまり戦争というのは外交手段の1つだと考えればいい
常任理事国を見ればわかるけど、どの国も軍事力をチラつかせた外交をしているだろ
アレが基本なんだよ


70: 七つの海の名無しさん 2014/07/06(日) 15:03:09.27 ID:XjSm0uRJ.net

>>5
ロシア革命起こさせたり、やり手な部分もあったよ

続きを読む
posted by 中島 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権

2014年07月05日

LINEで出回っているという「集団的自衛権の怪文書」がやばすぎると話題に ← 悪意に満ちた左翼の文章、こうやって世論を誘導しようとするんだね

narisumasi001.jpg
1: ドラゴンスクリュー(愛媛県)@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 00:47:33.85 ID:fdWbkyw30.net BE:135853815-2BP(1000)

sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
LINEで流れている集団的自衛権の怪文書
http://kazuyahkd.com/archives/2537

結構出回ってるようだ。
集団的自衛権が話題になりますが、LINEなどでは以下のような怪文書が流れていると言います。

「7月1日のニュースみた??
見た人は知ってるよね!
安倍総理が憲法の9条を変えようとしてる!集団的自衛権みたいなのつくって、戦後守ってきた平和が…
6月23日沖縄で慰霊の日があって
そのあとすぐこんなニュースがあって
まぢ何考えてんのかなと思った!
集団的自衛権ができたら
子供は最低でも二年、自衛隊の訓練を
しないといけなくなる!
もしこの訓練期間中に戦争があったら
戦場に行かないといけないんだって!
戦争が始まって反対しても間に合わない
安倍総理は軽い気持ちでやってたとしたら
これから未来を作るのは子供たちなのに、
子供の未来を壊さないでと訴えたい!!
本当に平和を望むものなら、
集団的自衛権に賛成する人はいないと思う
本当に日本、平和を愛してるのならば、
この文章をTwitterやTLにコピーして
のせてほしい!

(続く)


2: ドラゴンスクリュー(愛媛県)@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 00:48:43.11 ID:fdWbkyw30.net

戦争でのあやまちを二度と繰り返しては
いけない!!
この思いを安倍総理に届けるために!
協力して下さい!
出来るだけ日本全員に広まるように!
あなたの行動で日本が変わる!!
【戦争をしたくない人まわせ】」

まぁ突っ込みどころが満載なのですが・・・
とりあえず集団的自衛権は新しく出てきた概念ではなく、古くからあるものです。
安倍総理が新たに作り出すものではありません。

次に二年自衛隊の訓練という部分がありますが・・・
何かと勘違いしているのでしょうか。
2年・・・あ、韓国の兵役と勘違いしているのでしょう。

反対派でも別にいいのですが、何故そんなに戦争に結びつけるのでしょうか?
そんなに戦争がしたいの?僕は嫌です。

ありがちな反対論として、「集団的自衛権で徴兵制になるぞー」というものがあります。
集団的自衛権は世界的には当たり前のことです。

その当たり前の集団的自衛権を行使できる国々は皆徴兵制なのでしょうか?
違うのです。

あのアメリカですら徴兵制ではありません。
無駄に不安を煽るやり方は反対派がよく使う手なので気をつけなければいけません。

感情論に流されやすい日本人ですが、いい加減考えていきたいものです。


6: リキラリアット(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 00:49:26.45 ID:AvAoWssG0.net

集団的自衛権と徴兵制ってなんの関係もないだろ

続きを読む
posted by 中島 at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権

2014年07月02日

マスコミ「日本が戦争できる国に!」←えっ?元々(自衛のためなら)戦争できる国じゃん ← マスコミの論点ずらしは酷いな、こういう世論誘導を取り締る法律作れないのかな

kokki001.jpg
1: マスク剥ぎ(愛知県)@\(^o^)/ 2014/07/02(水) 09:43:00.01 ID:oVkJ3OOg0●.net BE:461158628-PLT(32222) ポイント特典

日本が“戦争できる国”に…首相が会見
政府は1日の臨時閣議で、従来の憲法解釈を変更し、自国が攻撃を受けていなくても他国への攻撃を実力で阻止する集団的自衛権の行使を容認すると決定した。
日本の存立が脅かされるなどの要件を満たせば、必要最小限度の武力行使は許されるとの内容だ。
関連法が整備されれば、密接な関係がある国への攻撃を阻止する目的で、自衛隊は海外での戦争に参加可能となる。
1954年の自衛隊発足以来堅持してきた専守防衛の理念を逸脱しかねない安全保障政策の大転換となった。

 安倍晋三首相は記者会見で、行使の裏付けとなる法整備加速を政府内に指示したことを明らかにし「関連法案作成チームを立ち上げ、直ちに作業を開始したい。準備でき次第、国会に法案を提出する」と語った。
行使容認の理由は「万全の備えが日本に戦争を仕掛けようとするたくらみをくじく大きな力を持っている」と抑止力を強調した。

 同時に「他に手段がないときに限られ、必要最小限度でなければならない」と抑制的な運用方針を示し、新たに打ち出した「武力行使3要件」は「明確な歯止めとなっている」と指摘した。

 閣議決定は、首相が安全保障環境の変化などを理由に主導。自衛隊の活動範囲や具体的な事例は盛り込まず、裁量の余地を多く残した。
「他国への武力攻撃でも目的、規模、態様により、わが国の存立を脅かすこともある」と指摘。米国などを念頭に、他国への攻撃で、日本国民の権利が根底から覆される明白な危険がある場合に、
自衛の措置を取ることは「憲法上許容される」と結論付けた。明確な歯止めがかかる保証はない。
歴代内閣は平和主義を原則とする憲法9条の許す範囲を超えるとして集団的自衛権行使は認めないとの解釈を継承してきた。

 東京・永田町の首相官邸前では集団的自衛権行使容認に反対する集会が開かれ、1万人以上が歩道を埋め尽くした。
閣議決定が伝わったのは午後5時25分ごろ。どよめきはすぐに怒りの声に変わり、一斉に「安倍(晋三首相)はやめろ」と連呼。抗議と怒号が渦巻いた。

 官邸前には前日夕に続き、1日も午前中から「戦争反対」などと書いたカードを掲げた人が集まった。
http://www.daily.co.jp/gossip/2014/07/02/0007105933.shtml


2: エメラルドフロウジョン(静岡県)@\(^o^)/ 2014/07/02(水) 09:44:05.67 ID:KEy2G8Lc0.net

怯えるなよ中国


3: リキラリアット(沖縄県)@\(^o^)/ 2014/07/02(水) 09:44:45.59 ID:AiC3teiJ0.net

田母神俊雄@toshio_tamogami
no title

https://twitter.com/toshio_tamogami/statuses/483949168210100225

繰り返しになりますが、集団的自衛権の行使は、我が国
以外の国ではいつでもできるのです。日本だけが出来な
い事を諸外国並みにしようとしているだけですから、そ
れがどうして間違っているのか分かりません。反対
している人たちこそ説明が不十分です。


ブサヨ何か言えよ(´・ω・`)

続きを読む
posted by 中島 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。