朝日新聞 - 売国情報ちゃんねる

2015年03月24日

朝日社説:中韓は歴史を国際政治の具にする不毛な執着をやめよ 近海での強引な振る舞いも説明せよ ← たまに正論言わないと騙される奴がいなくなると踏んだんだな

asahi002.jpg
1: 2015/03/23(月) 21:13:45.35 ID:TK4Zt+nz0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

日中韓―首脳会談へ歩を進めよ

日中韓外相会談が3年ぶりに開かれた。一時は途絶状態にあった日本と中韓の対話が、外相レベルを第一歩として前進したことを歓迎したい。

もともとは07年から毎年開かれていた。それが、尖閣諸島の国有化問題で中国が反発して中断していた。流れを変えたのは昨秋の日中首脳会談である。

以来、少しずつ各分野での対話も動き始めた。アジアの主要3国の交流が、政治指導者の対立で滞る異常事態は、ここらで打ち止めとしてもらいたい。

今回の成果を踏まえ、3カ国首脳会談と日韓首脳会談の早期実現へとつなげ、対話ルートの完全正常化を図るべきだ。

戦後70年を迎えた今年は歴史認識問題への対処が避けられない。会談後の共同報道発表文では「歴史を直視し、未来に向かう」との文言が盛り込まれた。

歴史問題は本来、日本人自身が自国の歩みをどう考え、今後の鑑(かがみ)とするかが問われる問題である。とりわけ20世紀の侵略戦争、植民地支配という過去への反省は、決して踏み外してはならない戦後日本の礎である。

この70年間積み上げた平和主義の蓄積こそ、日本が世界に誇るべき実績であり、今後のアジアと世界の安定・繁栄への貢献の道もその延長線上にある。安倍政権は、その歴史の重みを忘れるべきではない。

続く


2: 2015/03/23(月) 21:14:11.41 ID:TK4Zt+nz0.net BE:601381941-PLT(12121)

一方、中韓も、3カ国で協力を進める場で過剰に歴史を持ち出すのは非生産的であり、そろそろ終止符を打つべきだ。中国の王毅(ワンイー)外相は歴史問題の発言に長時間を費やしたと伝えられるが、その執着ぶりは、関係進展のためというより、歴史を国際政治の具にしようとする不毛な意図が疑われる。

東アジアを見れば、中国自身の行動に由来する現在進行中の問題が多くある。この四半世紀、軍事費をほぼ毎年2桁台の伸び率で拡大するのはなぜか。近海での強引な振る舞いと併せ、きちんと説明することが当然の責務であり、この3カ国でも率直に論じるべきテーマだ。

日中韓の対話が滞った間に、これまで大きな存在感があった米国と、成長を続ける中国との間の溝は一層深まってきた感がある。日韓は、そのはざまで新たな秩序を探る立場にある。

安全保障だけでなく、アジア域内の貿易、インフラ開発、災害・貧困対策など、日中韓が力を合わせるべき問題は幅広い。アジアを含む地球規模の安定と発展がなければ、3カ国の未来も危うい。その共通認識のもと、首脳レベルの政治対話を速やかに再開してもらいたい。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

続きを読む
posted by 中島 at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2015年02月26日

元朝日新聞記者・植村隆氏、捏造を否定 「バッシング激しく実害」「絶対に屈しない」 ← なんで被害者ぶってるの?日本国民全員がお前の被害者なんだが

植村隆.jpg
1: 2015/02/26(木) 00:04:49.02 ID:???.net

 元朝日新聞記者で従軍慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師植村隆氏(56)が23日、大阪市中央区で講演し、自身の記事を「捏造」とする批判について、
「不当で激しいバッシングにより、大きな実害を受けた」と訴えた。

 植村氏は1991年に韓国の元慰安婦の証言を取り上げた朝日新聞の報道に関わった。週刊誌記事などで「捏造」と批判されている。

 植村氏は当時の取材や記事を執筆した経緯を説明した上で、「事実をねじ曲げたわけではない」と反論。「私は捏造記者ではない。不当なバッシングには絶対に屈しない」と語気を強めた。

http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022301002491.html


2: 2015/02/26(木) 00:05:50.04 ID:VlxmQvdL.net

>>1
お前のお陰で日本国民が大きな実害受けてるんだけどな


3: 2015/02/26(木) 00:06:18.33 ID:uHZhMf+m.net

事実じゃねえだろ


4: 2015/02/26(木) 00:07:10.71 ID:a5r8Ida4.net

日本国民の俺は大きな被害を受け続けている。
謝罪と賠償を請求する裁判を起こしたいのだが、どうすればいいのだろうか?

続きを読む
posted by 中島 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2015年02月24日

「(外国記者は)いい加減なこと触れ回る」 朝日「吉田証言」2万人訴訟会見で、なぜか海外メディアとバトル

1: 2015/02/24(火) 06:56:03.55 ID:???.net

画像:「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」代表呼びかけ人の加瀬英明氏(右)と事務局長の水島総氏(左)
no title


いわゆる従軍慰安婦が多数強制連行されたとする「吉田証言」に基づく誤報を朝日新聞が30年以上取り消さなかった問題で、
「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」が2015年2月23日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。
同会議は、日本や日本国民の国際的評価を低下させたとして、朝日新聞に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴している。
この日の会見では、訴訟の意義を「事実関係を司法の場で明らかにする」ことだと説明。さらに、対朝日新聞だけではなく、
「日本について全く無知で、いい加減なことを触れ回っている」「朝日新聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」
といった外国記者に対する批判も相次ぎ、記者からは「侮辱はすべきでない」などと反発する声が出た。

  ・2月末〜3月初旬にも2次提訴の見通し

訴訟は、上智大学の渡部昇一名誉教授を原告団長とする約8700人が2015年1月26日、原告1人あたり1万円の慰謝料と
謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に起こした。現時点で「国民会議」には原告に加わるために必要な「訴訟委任状」が
2万3000通以上届いており、2月末〜3月初旬にも2次提訴に踏み切る。

「国民会議」呼びかけ人の加瀬英明氏は、
「おそらく、ジャーナリズムに対する集団訴訟では、歴史で一番大きなものだと考えている」
などと意義を説明。水島総(さとる)事務局長は、「事実関係を裁判の場で明らかにさせる」ことで、「そうすれば結果として、
国際的な評価が変わっていくだろうと考えている」と説明した。
「お金の問題ではなく、心の問題。日本人の名誉と誇りの問題」
とも述べ、損害賠償よりも、判決で朝日新聞の誤報に関する事実認定を得ることを重要視していることを明かした。

「東京にいる皆さんは、朝日新聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」
会見では、登壇者と記者の対立が先鋭化する場面もあった。米国人記者が
「私の印象では、朝日新聞の報道は、国際社会はかなり肯定的に受け止めてきた気がするが、皆さんのメッセージは
どちらかと言えば否定的に受け止められている。なぜ、皆さんのメッセージは否定的に受け止められていると思うか」
と質問したのに対して、登壇者の2人は外国メディアの伝え方に問題があるとして、会見に出席している記者を非難した。

「ここに来ておられる米国、欧州の記者の方も、日本について全く無知で不勉強。それが一番大きな原因。私たちの責任ではない」(加瀬氏)
「日本人は、虐殺や、むやみな殺生、人殺しを嫌う国民。この現実を無視して、日本人が大変危険な存在である、もっと言えば
安倍総理が危険な存在であると、歴史修正主義者、ライトウイング(右翼)という形で非難しているのが、残念ながら、はっきり言いますが、
日本にいる皆さんだと思う。非常に私たちは残念だし、怒りすら覚える。本当のことを伝えていただきたい。日本の真実を伝えるのが
皆さんの責任であり義務だと思うが、残念ながら東京にいる皆さんは、朝日新聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」(水島氏)
「奴隷制があった国から性奴隷とか何とか言われたくない」

さらに加瀬氏は
「日本は歴史を通じてslaves(奴隷)、slavery(奴隷制)が全く存在しなかった文化。特に、米国のつい19世紀後半まで奴隷制があった国から
sex slaves(性奴隷)とか何とか言われたくない。それに日本には、宗教抗争、例えばカトリックとプロテスタントが際限なく殺し合うような
宗教対立も宗教抗争も存在しなかった。多くの外国のジャーナリストの方々が、日本について全く無知で、いい加減なことを触れ回っているから、
日本の評判が悪くなっている面が大変大きいと思っている。是非みなさん、日本について勉強していただきたい」
とも主張。

 これに対してイタリア人記者が、
「35年以上日本で外国特派員をしている者として、『あなた方に歴史を教える』という主張には憤慨している」
「侮辱はすべきではない」
などと声を荒げ、司会者が「(質問ではなく)スピーチはいらない」などと制止する一幕があった。

J-cast 2015/2/23 18:17
http://www.j-cast.com/2015/02/23228590.html?p=all

関連スレ
【慰安婦誤報】朝日新聞「慰安婦報道」原告団2万人超え 史上空前の集団訴訟に[2/18]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1424304368/l50


2: 2015/02/24(火) 06:59:14.34 ID:hlD4OsA8.net

気持ちは判るが、もう少しうまく立ち回れないもんかなー


3: 2015/02/24(火) 06:59:43.30 ID:l5Gjg97q.net

煽ってどうする…(´・ω・`)


4: 2015/02/24(火) 07:02:19.70 ID:q2YDPu88.net

利用されんなよしょうもない

続きを読む
posted by 中島 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞

朝日社説 「基地の境界線を1・2歩超えただけで逮捕は理不尽 日本政府のせいでこんな事になった」 ← 訳わからんことを、越えてるんだよね、じゃあ駄目だね

asahi002.jpg
1: 2015/02/24(火) 08:46:33.11 ID:FI4+qoYB0.net BE:886559449-PLT(21000) ポイント特典

 理不尽な逮捕である。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する運動のリーダー、
山城博治・沖縄平和運動センター議長ら2人がおととい、米軍キャンプ・シュワブゲート前で米軍に身柄を拘束された。
 2人はその後、名護署に移送され、県警が日米地位協定の実施に伴う刑事特別法違反の疑いで逮捕、送検するという異常な展開をみせた。
 県警の発表では、山城議長らは、正当な理由がないのにシュワブ敷地内に侵入した疑いがあるという。
 複数の目撃者によると、山城議長は抗議する仲間らを制止しようとして「引け」と叫んでいた。その際、
米軍の日本人警備員に引っ張られ、数人がかりで足などをつかまれて基地内へ連行された。侵入といってもゲート前に
引かれた黄色い境界線をほんの1、2歩越えたかどうかだったという。
 そばには県警機動隊員が何人もいたが、山城議長らの行動を見ても身柄を拘束しようとはしなかった。米軍側の強引な行為だったと言わざるを得ない。
 18日には移設容認派の名護市議が基地に無造作に出入りしていたが、県警、米軍とも排除も拘束もしなかったという。
 弁護団は「反対派リーダーを狙い撃ちした逮捕。運動の萎縮を狙っており、極めて不当な行為だ」と批判している。
 辺野古では19日、沖縄防衛局が「米海兵隊から要請があった」として、反対運動の拠点となっている
ゲート前のテントの撤去を要請するなど、米側が圧力を強めていた。
 だが、自由に抗議の意思を表すことは、民主主義社会では当然の権利だ。
 解せないのは日本政府の対応である。今回の拘束にあたっても米軍側に行き過ぎがあったなら、むしろ日本政府や当局は米側に抗議すべきではないか。
 昨年の名護市長選、沖縄県知事選、衆院選と、選挙でいくら移設反対の民意を示しても、政府は沖縄に目をくれようとしない。安倍首相も菅官房長官も翁長知事に会おうとせず、
沖縄側との対話を閉ざしている。一方で、海上保安庁や県警機動隊による厳重な警備態勢を敷き、衝突によって、けが人が相次ぐ事態となっている。
 2人の拘束後に現地であった移設反対の集会には沖縄各地から主催者発表で2800人が集まり、抗議の声を上げた。今の事態を招いているのは、
ほかでもない政府自身だということに早く気付くべきだ。http://www.asahi.com/paper/editorial2.html


2: 2015/02/24(火) 08:47:28.03 ID:i5r87F7k0.net

境界線をなんだと思ってるの?


3: 2015/02/24(火) 08:47:57.97 ID:DxN0Lmuc0.net

テロ支援新聞


4: 2015/02/24(火) 08:48:11.61 ID:NI0vwXCk0.net

悪意を持ってるのは確かだからな

続きを読む
posted by 中島 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2015年02月23日

【朝日新聞】夫婦別姓…阻んできた自民党は姿勢を改めるべき。最高裁から言われる前に、国会自らが実行せよ ← これただの脅迫だね

asahi002.jpg
1: 2015/02/21(土)02:49:30 ID:???

夫婦別姓―多様な家族認めるとき 2015年2月20日(金)付:社説

 夫婦別姓を認めない民法の規定は、個人の尊厳や男女平等などの憲法の理念に沿うのか。最高裁が判断することになった。

 地裁、高裁で退けられた事実婚の夫婦ら5人の訴えが、最高裁で大法廷に回された。判決はまだ先だが、
最高裁は、高裁の判断をそのまま追認するわけではない姿勢を示唆している。

 生き方や、家族の形が多様化するなか、例外なく夫婦の一方に姓を変えさせる民法は、
もはや時代にそぐわず、柔軟さを欠いている。最高裁は現実をつぶさにみて、考えてほしい。

 法制審議会は19年も前に「結婚しても姓を変えない利益を保護する必要がある」として、
別姓を選べる民法改正要綱案を答申した。法務省が法案を準備し、是正の道筋をつけた。
 実現していないのは保守系議員が「家族の崩壊を招く」などと反対してきたからだ。

必要な人に選択肢を与える改正なのに、それを許さない一部議員の姿勢は頑迷というほかない。
 12年の政府の世論調査では、「夫婦は同姓にすべきだ」と「希望すれば旧姓を名乗れるよう法改正していい」が拮抗(きっこう)するが、
年代別では20〜50代で「別姓許容」が上回る。今後の社会を担う世代の意識を重んじていくべきだろう。
 結婚で姓を変える96%は妻の側で、負担は女性に集中する。「女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦する」と安倍政権は宣言している。
ならばまず、選択的別姓を阻んできた自民党の姿勢を顧み、改めるべきだ。
最高裁から言われる前に、国会自らが実行すべき問題である。

http://www.asahi.com/articles/DA3S11610852.html


2: 2015/02/21(土)02:52:33 ID:BWX

チョンに合わせろってか


4: 2015/02/21(土)02:53:09 ID:EgP

これこそただのわがままでルールを変えるな
韓国は儒教の伝統を守り夫婦別姓の文化を守ってるぜ
日本も変える必要はない
どうしてもというなら韓国へ行くという選択肢があります


5: 2015/02/21(土)03:00:58 ID:NCK

捏造アカヒはもう信頼うんぬん関係なく、発言するだけで叩かれることを理解した方が良いんじゃないのか
まあ内容もいつも通りアレだけど

続きを読む
posted by 中島 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2015年02月22日

【慰安婦誤報問題】「朝日記事もとにした指導は訂正を」 大阪府教委が全高校に通知へ

asahi002.jpg
1: 2015/02/20(金) 13:58:19.85 ID:???.net

 大阪府教委は20日、朝日新聞が慰安婦報道の一部記事を取り消した問題を受け、高校
日本史の教科書の慰安婦に関する記述内容などについて、慰安婦の強制連行を前提にした
授業を行ったり、独自教材を使用したりしないよう求める通知を全ての府立高校に出すことを決めた。

 通知文は「取り消された内容に依拠した資料・情報を活用した指導が行われている場合は
訂正願います」となっており20日付。府教委は「具体的な対応は現場に委ねる」としている。

 この問題をめぐっては、松井一郎知事が昨年10月、「朝日が誤報だと認めたことで
強制連行の証拠がないと分かった。間違った教科書で知識を得ることはマイナスだ」と指摘。
教科書の内容を補足する補助教材を作成する意向を示した。

 だが府教委は、慰安婦に関する教育について「国の指針が示されておらず、歴史認識に
踏み込んだ教材を作成するのは困難」として補助教材作成は見送った。

 慰安婦の強制連行説は、朝日新聞が「若い朝鮮人女性を『狩り出した』」などとする自称・
元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏(故人)の証言を取り上げて以降、
国内外に広まり、教科書にも掲載されるようになった。

 高校教科書では、慰安婦の強制連行をうかがわせる記述が現在も残り、府教委によると、
府立高のうち、慰安婦の記述がある教科書を使用しているのは154校中123校に上る。

 吉田氏の証言について朝日新聞は昨年8月、虚偽と判断し、一部の記事を取り消している。

産経WEST 2015.2.20 13:33
http://www.sankei.com/west/news/150220/wst1502200042-n1.html


4: 2015/02/20(金) 14:01:34.08 ID:x46/cghs.net





は広義の歴史修正主義新聞。


6: 2015/02/20(金) 14:03:40.62 ID:Dwti1zy+.net

当然
遅すぎるわ

  


8: 2015/02/20(金) 14:05:24.55 ID:Yh2yE8n4.net

是正を指示しただけでも、マシって感じだな。

続きを読む
posted by 中島 at 04:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞

2015年02月21日

【朝日新聞慰安婦報道】「プロパガンダで国際社会に『強制連行あった』の事実誤認を拡散」 外部の独立検証委が報告書

1: 2015/02/19(木) 17:15:22.69 ID:???.net

no title

朝日新聞の「慰安婦報道」に対する独立検証委員会の検証結果が発表された=19日午後、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)

 朝日新聞の慰安婦報道に関し、外部の立場から検証を進めてきた「朝日新聞『慰安婦報道』に対する独立検証委員会」が19日、東京都千代田区で記者会見し、報告書を公表した。
報告書では、平成3年から4年1月にかけての朝日新聞の慰安婦報道を「プロパガンダ(宣伝)」とし、プロパガンダによって国際社会に「強制連行があった」などの事実誤認が拡散し、日本の名誉を傷つけ続けていると結論づけた。

 同紙の慰安婦報道をめぐっては、朝日新聞社から依頼を受けた第三者委員会が昨年12月に報告書を公表。
朝日新聞の慰安婦報道が国際社会に与えた影響について、「慰安婦問題の誇張されたイメージ形成に力を持った」「影響は限定的だった」などとする委員による検証結果を提示したが、独立検証委は「朝日の責任を回避する議論に終始した」と指摘した。

 第三者委の報告書が、朝日新聞に「強制性」をめぐる議論のすりかえがあったことを指摘したことについては、「核心に触れる批判をした」と肯定的に評価。
一方で、第三者委の報告を受けた朝日新聞社の対応については、「朝日はその批判を『重く受け止める』というのみで、受け入れていない」と批判した。

 そのうえで、朝日新聞社に対し、「『プロパガンダ』と『議論のすりかえ』がどの様なプロセスで作られていったのか、記者、デスク、担当部長、社長らの責任を、実名を挙げて明らかにすることを求める」と提言。
政府には専門部署と民間の専門家による有識者会議の設置を求めた。

 独立検証委の委員長を務める京都大学の中西輝政名誉教授は会見で、「1992(平成4)年1月に『強制連行プロパガンダ』が集中的に行われた。ここに朝日新聞の慰安婦問題の影響があらわれている」と述べた。

http://www.sankei.com/life/news/150219/lif1502190017-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/150219/lif1502190017-n2.html


2: 2015/02/19(木) 17:16:57.95 ID:cln6nrqT.net

言論テロ組織として、破防法の対象にしなくちゃ。


6: 2015/02/19(木) 17:18:18.11 ID:obLPhky5.net

もう朝日新聞は廃刊、テレ朝は免許取り上げでいいだろ。。
害悪だわ。


7: 2015/02/19(木) 17:19:43.10 ID:VmEl25Ym.net

記事を一回訂正しただけだと外国まで伝わってない
朝日新聞とその年金財団は解散資産国庫に没収でいいよ

続きを読む
posted by 中島 at 06:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝日新聞
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。