【サラリーマンの貧困化】「新車は買えない。中古車で十分」消費の合理化の進んだ先にある日本の不幸化 - 売国情報ちゃんねる

2016年05月31日

【サラリーマンの貧困化】「新車は買えない。中古車で十分」消費の合理化の進んだ先にある日本の不幸化

1: 2016/05/30(月) 20:09:42.42 ID:lR39F9C20 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

低所得時代のクルマ選び

 「新車なんて買えない。中古車で十分だ」

 それは、日々生きていく中で、高いリアリティを持つ言葉だと思う。正直な話、筆者も個人的に同感なのだ。
中古車で十分。というより、それがベターな選択肢だと思う。
何よりもない袖は振れない。選択肢がないのだから仕方がない。

 会社員として生きていくとしたら、毎年のベースアップが当たり前という時代はもう失われて久しいし
むしろ会社の業績いかんによっては給料が下がる心配をしなくてはならない。
転職しようにも、給料が上がるのはどんどん限られた層のものになっている。
今や給料が増えるどころか、何かあって会社を辞めざるを得ないとき、経験を生かした転職が
できるだけでも恵まれた人だと言える。未来に対する安心材料はいっこうに増えていく気配がない。

機械である以上寿命があるので、中古車はやがて淘汰される。その間新車が売れなければ、未来の中古車の供給は減り、
中古の競争率が高くなる。新車と違って相場商品である中古車の受給が引き締まれば、
中古車がどんどん値上がりすることになり、価格差がなくなって新車の売れ行きが戻るのだ。

 しかし、企業経営というのはそういう波に弱い。「要らない」と言われて新車生産を調整してきたところで、
突然新車が売れるようになっても生産量には限界がある。
ましてや「要らない」と言われている間に生産設備自体を処分してしまう場合だってある。

 そうなればもう簡単には元に戻れない。財の生産装置としての自動車メーカーを健全に維持していくためには
コンスタントな需要があることが理想なのだ。働いている人だって
「来年給料を倍払うから今年は無給で働いてくれ」と言われたら干上がってしまう。企業も同じだ。

 「中古車で十分」という言葉の向こうにはこういう問題が横たわっているのだ。マツダ・ロードスターなどはこの
問題に直面していると言っても良い。初代NA型以来、最新のND型までクルマとしての本質的価値は変わらない。
変わらないということは素晴らしいことだが、ユーザー側にしてみればどうしても
新型を新車で買わなければならない理由は乏しい。ロードスターの最大の敵は旧型ロードスターなのだ。
http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1605/30/news052.html


4: 2016/05/30(月) 20:11:21.49 ID:gh1Yqgoc0

車がステータスと思ってる奴はおっさん


7: 2016/05/30(月) 20:12:43.96 ID:J/KO5Y1E0

>>4
目黒の住宅街とか高級車ばっかり停まってるよ


11: 2016/05/30(月) 20:14:29.47 ID:05RClVaH0

>>7
そりゃそういう場所だから

14: 2016/05/30(月) 20:16:02.03 ID:f/DHboEp0

>>7
昔と違って中産階級と労働者階級の差がしっかり開いたからな
だからトヨタもレクサスを始めたんだけど

「クラウン」ってのは中産階級が見えにくかった時代の象徴だった


18: 2016/05/30(月) 20:17:39.65 ID:P9Z0uWBr0

>>7
目黒区だけど趣味の車2台あるわ
ただし金はない


5: 2016/05/30(月) 20:11:52.72 ID:uFRECLEr0

マジで負け組リーマンキツいわ
でも仕事が楽すぎて辛い・・・


6: 2016/05/30(月) 20:12:38.79 ID:7VH0J6u80

売れ筋の車を3年で乗り継げばいい


8: 2016/05/30(月) 20:13:39.08 ID:8+awqOT+0

定率法1.0で1年償却できる4年落ちの中古車ください


9: 2016/05/30(月) 20:13:48.80 ID:f/DHboEp0

賃金がゴンゴン下げられているんだから仕方ないよね


10: 2016/05/30(月) 20:13:56.84 ID:89mgrHOJ0

>>1
なんや
結局MAZDAのステマかいな



12: 2016/05/30(月) 20:14:36.98 ID:ZMvcIVV00

新車は買えない。中古車で充分

コレ日本語としてあってんの?

新車なんていらない中古車で充分ならわかるが


13: 2016/05/30(月) 20:15:05.55 ID:/rgqh/Cn0

11年目の車検通した
タイベル替えたからまだまだ乗るぞ


15: 2016/05/30(月) 20:16:25.89 ID:r+Z44yyd0

バブル期から給料据え置きで新車価格1.5倍に上がってるから


17: 2016/05/30(月) 20:17:14.13 ID:f/DHboEp0

>>15
世界の賃金は2倍3倍になってるだから、世界的には車の値段は下がっている


16: 2016/05/30(月) 20:16:55.05 ID:EsQZhBuX0

今や底辺リーマンは新車買うのにあっぷあっぷだろう
悲しい社会だなw


20: 2016/05/30(月) 20:17:50.63 ID:f/DHboEp0

>>16
80年代後半は高卒でも数年で新車買えたんだよな
今は軽自動車の中古がせいぜいだろう


19: 2016/05/30(月) 20:17:41.14 ID:GCBk9Pgp0

税金高すぎんだ
欧米レベルにすりゃ一気に売り上げあがりますわ



21: 2016/05/30(月) 20:17:54.72 ID:s/TyrxWn0

金がないから仕方ない


22: 2016/05/30(月) 20:18:04.03 ID:SPW0pjlq0

若者の車ばなれ
じゃなくて日本自体がもう先進国では無くなってきてるんだろ


23: 2016/05/30(月) 20:18:07.40 ID:SoXCgfik0

400万の車が5年で150万くらいになる


24: 2016/05/30(月) 20:18:21.10 ID:wVBI7Wxn0

30代正社員だが、中古車すら買えないです


25: 2016/05/30(月) 20:18:38.94 ID:KRtvYx9V0

小泉と竹中はこういう日本にしたかったんでしょ?
良かったねえ国が亡ぶねえ


26: 2016/05/30(月) 20:19:27.73 ID:wtlBqcKb0

中古車だって買えないんすけど


27: 2016/05/30(月) 20:19:44.20 ID:KvGJlYxb0

>財の生産装置としての自動車メーカーを健全に維持していくためには
>コンスタントな需要があることが理想なのだ

ならば需要がある車を作ればいい


28: 2016/05/30(月) 20:19:44.24 ID:CBWeciSx0

起業しろ
信用創造すりゃいい
田舎もんは相手にしなけりゃいい


35: 2016/05/30(月) 20:24:39.31 ID:5Z2PB+Iw0

>>28
簡単に言うけど
簡単に倒産するんだよね


29: 2016/05/30(月) 20:19:57.77 ID:lK6Qbf460

中古の外車乗りのイメージってどんなん?


30: 2016/05/30(月) 20:20:05.84 ID:fFHTmEJt0

他人の乗り替え車を車検受けて二年乗り潰しおいしいです



31: 2016/05/30(月) 20:20:12.43 ID:ebHz9Vwe0

icレギュレータのハブベアリングが寿命です(´・ω・`)
でも乗り換えたい車がない


32: 2016/05/30(月) 20:21:21.83 ID:F9bq3JOD0

四輪車は高級品に、貧乏人はチャリの時代


33: 2016/05/30(月) 20:22:21.47 ID:nQKHkxgi0

歴代一位
「無理させて 無理するなよと 無理を言い」


34: 2016/05/30(月) 20:23:19.89 ID:7wUhrJy+0

バイクは中古でいいけど車は嫌だな…
中古四輪買うくらいなら諦めるわ


36: 2016/05/30(月) 20:24:45.64 ID:EtjARwgS0

>>34
逆だわ
バイクの中古はなんかイヤ


37: 2016/05/30(月) 20:25:08.97 ID:BLKwrLqt0

新車の値段上がったよね


40: 2016/05/30(月) 20:26:18.65 ID:OoV0ECYy0

正解は新車保証残あり高年式過走行車の叩き売りを買う


posted by 中島 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175498416

この記事へのトラックバック
Powered by BlogRing
Powered By 画RSS   相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。